クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードと共にカードローンと言う言葉をCM等でよく耳にすると思います。
カードローンとはお金を融資してもらうため専用のカードであり元々はクレジットカードとは全く別物の存在でした。
近年、クレジットカードでお金の融資が受けられるキャッシング機能も兼備されたクレジットカードが普及したことによりその違いが曖昧になっています。
それではクレジットカードとカードローンの違いとはどのようなものなのでしょう?
この違いを把握することでクレジットカード現金化に繋がる豆知識も学習できると思います!

カードローンとは


カードローンとは消費者金融や信販会社、銀行などがお金を融資するために発行するカードの事です。
融資するといってもカードローンでは借入金の使用方法に縛りはなく自由に借入金を使うことができ、コンビニや銀行などに設置されたATMから簡単にお金を借入することができます。
また、あくまでお金を借入するためのカードでありショッピングでの使用はできません。
カードローンの一番の特徴はその支払い方法にあります。
返済はすべて分割支払いとなり一括での返済は基本出来ません。
また、発行会社が定めた支払期日までに当月支払金額を支払った場合、支払期日に再度支払いが発生することはありません。

キャッシングとは


クレジットカードにはショッピング枠とは別にお金を借入することが出来るキャッシングが備わっています。
クレジットカード会社と提携した銀行や信販会社が発行するカードであり、カードローンと違う点は支払い方法が基本一括払いと言うことです。
近年ではキャッシングでの返済もリボ払いや分割支払いが出来るようになり、必ずしも一括返済が原則で無くなったためカードローンとの違いが分り難くなっています。
しかし、カードローンとの大きな違いとしてキャッシングでの返済はカード会社が定める支払日に必ず支払いが生じることです。
一括返済は別として、支払指定日の数日前に当月返済額を済ましても必ず支払日には決められた金額を返済する必要性があります。
また、カードローンと違い基本一括での返済のため分割やリボ払いで返済した際にはカードローンより数%金利が高くなってしまいます。

改正貸金業法


こカードローン及びクレジットカードキャッシングは数年前までは借入金額に制限はなく各カード発行会社が申込書の収入状況や信用情報などによって独自に制限枠を定めていましたがその結果、返済能力以上の借り入をする利用者が増え自己破産や個人再生を行う人達が増えてしまいました。
そのため利用者への過剰貸付を防ぐための法律として2010年に改正貸金業法が施行されました。
この法律とはグレーゾーンとされていた上限金利の29.2%の利息制限法が上限金利20%に引き下げられた他、借入上限が年収の3分の1までと定められました。
(年収300万の人ならば借入上限は100万円)
この改正貸金業法は信販会社、消費者金融、クレジットカード会社が対象となり銀行系カードローンやクレジットカードショッピング枠は法律対象外となっています。
しかし、銀行カードローンは審査基準が厳しいため容易にカードを作ることは困難又は作れても限度額は低く設定されます。

まとめ


カードローン、クレジットカードキャッシング共にお金を借りることのできる方法ですが根本的に違いがあり、大きく違いが分る点は支払い方法となります。
借入を行う際には支払い方法を計画したうえでどちらを選択するか決める必要性があります。
また、借入金額も改正貸金業法により制限がかけられたため、借入限度を越している人にとっては改正貸金業法適用外であるクレジットカードショッピング枠、どうしても現金が必要な時には有効利用する事も必要悪の一つだと思います!