現金が必要な場面とは

貸金業法の総量規制によって現金借り入れが年収の3分の1までと制限された昨今、貯蓄の少ない方にとって急な現金出費は厳しいかぎりです。
出来ればカード支払いで決済したい内容でも現金でしか支払いが出来ないことも多く存在しており、そのようなどうしても現金が必要な際にクレジットカードを所持してさえいれば現金を手にすることのできる手段がクレジットカード現金化です。
それでは現金が必要な場面とはどういった場合なのでしょうか?

現金が必要な事柄とは


日本の風習上、必ず現金出費が必要とされる事は多く存在しています。
出産祝いや新築祝いなどの祝い品で渡せる内容ならばクレジットカードで購入することもできますが日本では現金で支払わなければならない事柄も多くあり、お祝い事や不幸ごと等の冠婚葬祭で必要となるご祝儀やご香典などは代表的な例です。
付き合いが近ければ近いほど家計が厳しい状況でも最低限の金額は包まなければその後の付き合いに支障が出てくることもある為、見栄を張る金額を準備しないまでも、世間一般的な金額ぐらいは用意する必要性を感じる方が多いはずです。
日本独特の風習としてお年玉もその一つですあり一人にならまだしも、数人に渡さなければならない立場であれば数万円の出費が掛かってしまいます。
お祝いなどはあらかじめ準備できる内容ですがご香典やお見舞金などは急に必要となることが大半のため即日現金を手にすることのできる手段を備えておくは大切です。

現金が必要な場面


現金が必要な場面として飲み会の割り勘支払いやサークルやクラブ活動の会費などがあります。
アメリカではVenmoというクレジットカードやデビットカードと連携させ決済手数料がかからず、仲間内での支払いができるアプリが普及していますが、日本ではクレジットカードやデビットカード使用時に掛かる決済手数料の関係でこのような割り勘やクラブ会費などに便利なアプリの普及はしておらず、まだまだこのような集まりの際には現金での支払いが通常です。
家計が厳しい状況で飲み会に参加すること自体が良いことではありませんが、人間関係を作り上げることで仕事上での円滑な環境や人脈を作り上げることも在る為、すべての機会を断ることもおすすめではありません。
そのような日常的な集まりの際にも現状では現金が必要であり、現金支払いを避けるためには自ら幹事となり、支払いはまとめてクレジットカードで払うなどの小技が必要となります。

現金支払いが必要な施設


最近では治療費をクレジットカードで支払える病院も増えてきていますが小さな診療所や大きな病院でも入院費用などは現金での支払いでしか対応してくれない病院もまだまだ多く存在します。
葬儀場や結婚式場の支払いもローンなどを完備している業者ももちろん存在しますが、ご祝儀やご香典を含めて現金支払いを行わなければならない業者が大半です。
町の飲食店でも現金支払いのみの店舗もまだまだ多く、日本では諸外国と比べまだまだ現金での支払いが必要な場所は多く存在しています。

まとめ


現在の日本では現金での支払いが必要な場面は多々存在しており、その場面を避けることができない理由も様々あるのが現実です。
本当ならば現金支払いができる状況でない場合には、現金支払いが必要な事柄には参加しないことが一番の選択ではありますが、長い目で考えた場合には断るばかりでは前に進めないことも在るはずです。
そのような急な現金が必要な際に、現金を準備できるようにあらかじめ準備しておくことは大事であり、その一つの選択肢としてとしてクレジットカード現金化も存在します!
もちろん、クレジットカード現金化を行えばカード会社への返済は行わなければならないため、返済能力以上の利用は避け、計画的な利用をすることは絶対条件ではあります。