クレジットカード現金化 優良店の定義

当サイトではクレジットカード現金化業者を実体験を元に電話対応や換金率・還元率、総合評価として紹介しています!
中でも利用経験から、総合評価の高い現金化業者は、優良業者としておすすめさせていただいており、その判断基準は当サイト管理者が経験から出来上がった自身での掟や、社会一般的な企業でも同じ判断基準で考えれれるだろう一般常識に当てはめた内容になっています。
独自の判断基準ではあるが、あながち的外れではない基準と自負している、クレジットカード現金化業者優良業者の定義に関して今回は紹介します!

優良クレジットカード現金化業者の定義とは


クレジットカード現金化において有料の定義は基本的には一般企業と同じ内容での判断基準が適用されます。
勿論、世間ではグレーゾーンと言われるクレジットカード現金化である以上、その業界ならではの基準もある為、100%一般企業に照らし合わせることはできないこともありますが、客商売をを行う上で、また、日本国内で商売を行う上で最低限のルールとモラルが守られていなければならないことが必ずあると思います。
小難しく伝えていますが、業界独自の基準の中にルールとモラルは守ってこそ商いを行っていることとなり、それすらできない業者はただ商いのまねごとを行っている集団となってしまいます。
業界の基準として当てはめるものは相場であり、クレジットカード現金化業者にとっては還元率(換金率)がこれに当たるでしょう。

還元率(換金率)の相場

基準はあくまで基準であり、この範囲に当てはまらなければ決していけないわけではありません!
一般社会でも同じ商品や類似商品が販売元や販売される場所によって違うことは勿論ある為、ルールやモラルを破っているわけではありません。
ただし、現金を手にする手段と考えた場合には、カードローンやキャッシングと比べて、業者に差し引かれる金額を金利と同等に考えると決して安いものでは無い為、一般社会上で褒め称えられることでもありませんが・・・
クレジットカード現金化の還元率(換金率)の相場は70%台が相場です!おおくの現金化業者はホームページ上では90%以上での率で客引きを行っていますが、実際には70%台の店がほとんど占めています。
使用するクレジットカードの種類や申込金額によって数%違いがある業者も存在しますが、この70%台を基準に考えると60%台の業者は低い率であり、80%台の率で営業を行っている業者は高い率と判断でき、申し込みを行う基準ともなります。

還元率(換金率)は80%台だが、後から手数料の名目で実際に振り込まれる金額が60~70%台にまでなってしまう業者も存在する為、必ず事前確認の際には振り込まれる金額を確認することが必要です。

還元率(換金率)の過大表記

クレジットカード現金化業界の基準とは別に一般社会ではルール違反となる行為が伝えている内容と実際の内容が異なる行為です。
中でもお金に関わる商売にとっては、この内容が違うことは一般社会では、信用を大きく落としてしまう事柄であり、その様な事柄が発覚した際には大きなニュースとして取り上げられることも勿論あります。
しかし、不思議なことにクレジットカード現金化業界の中では長年、この過大評価での記載がまかり通っていました。
実際の率は60%~70%にも関わらず、ホームページ上には95%以上保証などと記載して、実際申し込みをすると「記載している内容は100回利用した場合」や「500万以上の利用時」等と説明され、保証と言う言葉が無くなってしまっている疑問だらけの営業方針の業者がほとんどでした!
近年ではそのようなあからさまな過大広告業者は少なくなってきており、トップページ上は最大95%などの表現に変更しているようですが、還元率の欄にはやはり90%台の率で表記して実際には70%台の表記をしている業業者がほとんどです。
これらの業者をおすすめや、優良店として紹介する口コミサイトや現金化紹介サイトでは「手数料が引かれるのは合法で当たり前の事柄」等と紹介するサイトもありますが、ホームページ上に別途手数料が掛かる記載がない場合には単純に「手数料が引かれるのは合法で当たり前の事柄」と言う様な業界内のルールではすまされない行為であり、一般社会ではアウトの行為です。

振込完了まで率が分からない業者も存在する

非段階的に表記が過大であるが、問い合わせの段階で実際に振り込まれる金額を伝えてくれる現金化業者はまだ、良いほうに分類され、悪い風習ですがグレーゾーンの業界感を100%出して営業を行っている業者も今でも存在しており、そのような業者は申込みして手続きが終わり、振込がされるまで率が分からない事や、後から手数料を引く業者が存在しています!これは詐欺行為であるため通常ならば即通報されるレベルですが、現金化利用者自体もグレーな行為をしている後ろめたさがある為、通報はされず営業を続けています。

広告である口コミサイトなどが暴力的

クレジットカード現金化の広告手段は現在ではインターネットの口コミや紹介サイトに広告や紹介ページを掲載しての広告がメインです!
広告である以上、おすすめする業者を褒め称える事や、ライバル業者と比べて優れた点を記載することは一般社会でもある内容ですが、しかし、あまりにも酷い表現や事実と異なる内容でライバル業への批判を書くことで自身の店舗にお客を呼び込むような行為は一般社会では見られません。
事実か否かは分かり兼ねるにしろ、あまりにも醜い表現を使う口コミサイトや紹介サイトから広告を張られている業者は、同類の人種が経営を行っていると考えられるため、利用を検討する優良業者とは言えないでしょう。

安全性からみると

クレジットカード現金化は違法行為ではないがクレジットカード会社は認めていない行為であり、過去には業者が逮捕された事例もあります。
その為、少しでクレジットカード利用停止になりゆる方法や、違法性が疑われる現金化方法は避けたいところです!
過去の逮捕事例や現在の法律を等を考えるとキャッシュバック方式でのクレジットカード現金化は避けたいところです。
振込までの時間の速さや中には大変良い電話対応の業者なども存在しますが、現金化を前提に決済会社との契約を行っている業者など存在しておらず、何か別業種と言う建前でキャッシュバック決済を行っている事なども踏まえると、安全=優良店舗と考えるならば買取方式での業者に軍配は上がるでしょう

過去に逮捕事例のある業者は、極端な換金率の低さや利用者に商品を送っていない形での決済手続きを行っていたことが原因ではあるが、その現金化の方法はキャッシュバック方式でした

まとめ


優良店の定義に関して長々と説明しましたが要約すると当サイトでの優良店の定義は以下となります!

■還元率・換金率が80%台であること

■ホームページに過大表記がされていないこと 

■広告が記載されている口コミや紹介サイトが醜い表現を使っていないこと

■買取方式での現金化であること

優良業者に当てはまらない=悪徳業者と言うわけではないため、あくまで通常の業者より、優れているという意味合いです!