おすすめできないクレジットカード現金化業者とは

クレジットカード現金化業者が多く存在する中、おすすめできる優良店と判断できる業者は一握りほどしか存在していません!
そのような現状の中、「おすすめできないクレジットカード現金化業者とは」という内容も不思議に思われますが、ただ還元率が低いと言うようなことだけではなく、実際には申し込みを行うことでトラブルに巻き込まれる可能性を秘めた危険な業者や、申込時から振込みされる金額が大きく変わるような悪徳業者も存在しているため、そういった特に危険なクレジットカード現金化業者の見極め方を知っておくことは決して無駄なことではありません!

おすすめできない現金化業者の定義


クレジットカード現金化とは世間ではグレーゾーンの行為であり、それらを行う業者は勿論グレーゾーンの業種と言うことになります。
グレーゾーンではありますが、それら業務を行っている人達(社員)もグレーな世界にどっぷり浸かった人達か否かは一概には判断できません。
不景気が続く現在では、通常の仕事から現金化と言う業種に転職を行い、仕事をしている一般常識を持ち合わせた人達もいれば、いわゆる闇金融業や犯罪行為を行っていた人達がクレジットカード現金化業者にスライドして営業を行っている場合もある為です
これらのクレジットカード現金化業者の経営者や従業員達の違いによって、業務を行う上での根本的な道徳観や営業姿勢などのコンプライアンスに違いがあることは明白であり、いわゆる悪徳業者に当たる業者では、そもそもコンプライアンス等と言う概念がないのが実情だと思います。
いわゆる根っからのブラック体質の人達が業務を行っているクレジットカード現金化業者は存在しており、そのような現金化業者はもちろんおすすめ出来ない業者であり、間違って利用した際には様々なトラブルに巻きもまれる可能性も否めません。

危険な現金化業者の特徴


一昔前までは、いわゆる悪徳業者と判断できる危険なクレジットカード現金化業者は簡単に判断できました!
電話で問い合わせを行えばブラックな業種から乗り換えたスタッフの対応はあからさまな電話応対であり、その取引内容も還元率60%にも届かない内容ではありました。
しかし、近年では現金化業界も多くの業者が参入してきたため、あからさまな悪態をつくような電話対応では長く営業は行えないため、電話対応のみは良い対応を行う業者も多く出てきたため、それだけでの判断は難しくなっています。
とは言え、根っからのグレーゾーン体質で営業を行っている業者やスタッフ達は根本的な一般常識での対応に不慣れなため、いくつかの質問を行うことによりボロが出てくることもあります。
また、クレジットカード現金化業者をおすすめやランキング方式で紹介しているサイトの90%以上はおすすめされている現金化業者やグループ会社が作成しているものであり、単なる広告の一つとして捉えることが出来ますが、そのような広告サイト内で使われる文章内容や、サイト管理者自体が記載している口コミ投稿の内容などの文章使いや記事内容から、サイト管理者の素性も判断することが出来ます。
社会一般的な道徳観やルールがないサイト管理者や現金化業者が作るサイトでは、ライバル会社と思われる業者に対して(大概の場合は悪質業者などとしてサイト内で記事作成されています)例え事実であっても表現の仕方によっては訴えられるかもしれない内容や(多くの場合は真実ではない事柄ですが・・・)著しく批判する口コミ投稿を平気で記載しています。
このようなライバル業者を事実ではない虚偽の記事や、汚い表現での口コミ投稿を書いてクレジットカード現金化申し込み検討者への情報操作を行うことは可能と判断し、虚偽サイトを堂々と作り続ける体質自体がグレーゾーンにどっぷり使っている業者の根本的な姿勢だと思います。
このような通常の業種、一般社会の道徳観と照らし合わせてみると危険と判断できるクレジットカード現金化業者の特徴は以下のようになります!

問い合わせ電話で実際に振り込まれる金額を明確に教えてもらえない
問い合わせ電話で実際に振り込まれる金額を教えてもらえても、ホームページに記載している内容と違う(ホームページに補足説明などの記載もない)
業者をおすすめしている情報サイト内で批判している業者への記事が通常業種ならば、訴えられてもおかしくないことまで強調して記載している(このようなサイトの情報は虚偽の場合が多い)
業者をおすすめしている口コミサイトで批判している業者への口コミ投稿内容が醜い言葉使いばかりで統合性がない(実際の利用者は口コミ投稿などわざわざ行いません)
業者をおすすめしている口コミサイトで無料画像の利用規約に違反している使用方法で使っている(無料画像での人物写真をサイト管理者として紹介するなど)

どれも一般的な企業や人達は行わない行為であり、これらの事を行っている業者や人達は一般的な解釈をすると、違法行為や最低限のルールを無視した行動原理で動いている人達と判断でき、当然の事ながらそのような人たちが業務に携わっているクレジットカード現金化業者へ申し込みを行うことは危険な行為としか表現出来ないのも事実だと思います!

まとめ


個人的にはクレジットカード現金化自体がグレーゾーンである事から、現金化業者がクリーンであるとは思いません。
しかし実際に利用した経験から体験でお伝えすると、当たり前の対応やルール・道徳観をもって営業を行っているクレジットカード現金化業者も存在しています。
その一方で実際に経験した体験上、全くお話にならない業者も存在してることも実感しています。
幸いにも現在のところはそのようなお話にならないクレジットカード現金化業者を使用したことで大きなトラブルに巻き込まれたことはありませんが、細かな不安などは今でも感じることはあります。
総合的にも業者の特徴は先に記載しているような内容であり、犯罪行為もいとわない姿勢であることに間違いはありません。
不要なトラブル回避の為にも紹介したを参考にしていただき、申し込みの際は口コミや情報サイトの記事を鵜呑みにせずに、ご自身でお問合せから行うことをおすすめさせていただきます!