信頼度の欠けるクレジットカード現金化口コミサイト・業者紹介サイトとは

現在、クレジットカード現金化業者は多くの業者が参入している業種です。
いわゆるグレーゾーンと認識される業界であるにもかかわらず多くの業者が存在する理由はそれだけ利用者が多いということだと思います。
利用者が多いとは言えライバル店舗も多く存在する以上、申込者を獲得するためには広告などで自社を宣伝する必要があり、近年その広告スタイルはインタネット上でいわゆるseo対策を行い、クレジットカード現金化に関連するワードから検索上位に表示される口コミサイトや説明サイトを作り、そのサイト上から広告をリンクする手法となっています。
それらの広告サイトに記載される記事内容はどこまで信頼できるのでしょうか?
信頼度の欠けるクレジットカード現金化口コミサイトや業者紹介サイトに関して紹介していきます。

現金化業者の広告サイトとは


クレジットカード現金化に関連するワードから検索上位に表示されるクレジットカード現金化口コミサイトの多くはクレジットカード現金化業者自体が作成しています、この作成とはホームページ作成業者に依頼しているものも勿論含む形です。
現代ではこのような検索上位に検索されることにより売り上げに大きくかかわる業者は多々存在し、特にパソコンソフト関連や金融商品に関しては口コミサイトやアフェリエイトサイトが検索上位を占めている状況です。
クレジットカード現金化業者の多くはグループ系列複数店舗で営業を行っている業者も多い為、そのようなグループ前提で複数の口コミサイトなどを作成しています。
それらの広告サイトはもちろん自社や広告主に申し込みが来るようなサイト構成で作るのは当然の行為だと思いますが、クレジットカード現金化と言う業種ではサイトを作る業者の品性があらわになるような虚偽の記載と口コミ投稿などを行っているサイトが目につきます。

信頼度が低い口コミサイトや紹介サイトとは


クレジットカード現金化を急いでお探しの際には急ぎで業者を探すことが多いと思います。
その際には数社の口コミサイトのみを観覧して業者を選んでしまうことが多いと思いますが、おススメする方法は時間の限り多くの口コミサイトなどを観覧して信頼できるサイトを判断することをおススメしますが時間の無い方は以下のポイントだけでも確認をしてみてはいかがでしょうか。

■ライバル業者への良い口コミには他の口コミより攻撃をするサイト

口コミ投稿できるサイトの場合は上位表示の業者だけでなく下位表示された業者も確認してみてください!
下位表示のクレジットカード現金化業者への好印象な口コミに対して他の投稿者がステマ投稿などと攻撃をいているサイトは自作自演の口コミと判断が出来ます。
こちらは大変高い確率で自演と判断できる理由は通常の飲食店や美容室などの口コミを見ても分かるように通常投稿者は他人の口コミ投稿に対して2チャンネルのように批判的な投稿はわざわざ行いません。
また、管理が行き届いたサイトならば個人攻撃ともいえる口コミ投稿は削除するのが通常です!
ライバル業者への良い口コミは徹底的に排除しようとするサイトは言うまでもなく信頼度がなく、そのサイトから広告される業者は同類と判断できます。

■現金化に対してメリットのみを強く記載する投稿サイト

クレジットカード現金化は決してすべての人におすすめできる現金を手にするための方法ではありません。
銀行やカードローンから普通に借入をできる方は一部の人を除いてはそちらからの借入の方が良い場合が多いのです。
あくまで他からの現金借入が出来ない方や個人事業主で一時的に現金が必要な方、旦那に内緒で現金が必要な方など利用者は限られます。
「パチンコの資金に借り入れに最適」や「学生にお勧め」などの全ての方におすすめする記事が注意事項もなく記載のサイトはあまり良いサイトと判断でき無いと思います。

■取引状態を再現しているサイト

実際に取引した際の状況を申込者と業者のセリフ分けで記載しているサイトが存在します。
実際に確認情報を記載する場合には説明形式でことが足りますが、わざわざセリフ風に記載しているサイトの多くは誹謗中書を目的とした構図であり内容をすべて見ると前後の説明と内容が一致しないことが多いようです。
仮に事実の内容の場合でも良識あるサイト運営ならば実在する店舗の対応内容をわざわざセリフ調にしてまでいちじるしく罵るような記載は控えるものです。
そう考えるとサイト運営者の姿が想像でき、とても一般的良識がある社会人が運営しているサイトとは想像できない結論に達します。
また、このようなサイトは優良店とおすすめする業者とのやり取りを掲載していない、または掲載している場合はどこかの教材にあるような素晴らしい対応内容を記載してありそのギャップが信憑性の無さをあらわにしていると感じてしまいます。

まとめ


先にも紹介しましたがクレジットカード現金化口コミサイトや紹介サイトはあくまでおすすめしているクレジットカード現金化業者の広告サイトであり、すべての内容を鵜呑みにすることは危険です
もちろん実際に調査した内容を元に掲載しているサイトや実際の利用者が投稿しているクレジットカード現金化口コミサイトなども存在しますがその見極めは多くのページを読み、全体の記載内容が常識的表現なのかどうかを確認する必要性が有ります。
多くの記事を読む時間がない場合にはおすすめ業者の内容と批判している業者の内容を読み比べて、一般常識的な表現で記事作成しているかどうかだけでも確認することをおすすめします。
また、広告先の業者を良く見せる構図は決して悪いことだとはありませんが、その表現方法や一般常識に照らし合わすと不自然な口コミ、記事内容を掲載しているサイトの信用度は大変低く、そのサイトから紹介されるクレジットカード現金化業者も同類と判断できると思います。