口コミサイトの信憑性について

クレジットカード現金化業者に対しての様々な口コミサイトやブログ、広告サイトが存在しています。
クレジットカード現金化に申し込みを考えた際、ネット検索での評価を見てどの業者に申し込みをするか思案しますが、その際にどの様なクレジットカード現金化口コミサイトや情報ブログを信用すればよいものか考えるはずです。
100%信頼できるサイトか否かの判断は難しくここで紹介したとしても、この情報自体信頼できるかも迷ってしまいます。
最終的にはご本人の判断で信頼できるサイトを探し、信頼できる業者を見つけ出す形になりますが通常社会の常識を照らし合わせてそれぞれのクレジットカード現金化口コミサイトやブログを見比べてみると最終判断へのヒントが見つかると思います。
最終判断に繋がるクレジットカード現金化口コミサイトの信憑性について今回は紹介します。

無償での口コミサイト、ブログ作りは皆無


最近ではブログ形式のサイト作りが主流であり、その多くは膨大な記事とseo対策を行い現金化をお考えの方に検索されるような努力を行っています。
このseo対策には相当な知識が無ければ上位表示されることは難しく企業、個人にかかわらず人気の検索ワードで上位表示されているサイトは専門知識と時間を費やしており、その労力を考えると全くの無償で日々の時間を使い膨大な記事を書き続ける人は皆無、何らかの金銭的やり取りが無い限り世のため人の為だけになるサイトを作る人はいないと考えるのが普通であり現実です。
広告宣伝用のサイトを作る業者は多数存在しますし大きなグループ業者ならば幾つかの系列業者を紹介するためだけのサイト担当部署も存在しているようです。
また、個人でもアフェリエイトや広告代を収入源として生計を立てている人もいます
クレジットカード現金化にかぎらず、宣伝やアフェリエイト広告としてサイトを作る以上、広告先(雇い主)の不利になるような事は記載しないのが通常と考えて良いでしょう。

整合性の欠ける口コミサイトやブログ


アフェリエイトサイトや自社宣伝のための口コミサイトやブログで広告内容のマイナスになる情報は書かない方針で進めることは通常の企業ではさほど珍しいことではありません。
たとえ広告先や商品に不得意な部分が存在してもマイナス面を記載しつつ、長所を記載することで広告先の特色が判明して利用者の判断基準になる場合もあるからです。
レンタルサーバーの比較口コミサイトなどでは容量は少ないが価格が安いなどの利用者の用途に合わせた選択理由になるからです。
市場に出回るサービスや商品には長所短所があり予算や使い勝手によって複数のサービスから消費者は選択します。
しかし、その一般的な常識はクレジットカード現金化業者では通用しないようで、理由としてはクレジットカード現金化業者では単なるマイナス情報ではなく、申込を検討している人には知られたくない内容のいわゆる悪徳業者が多々存在するからです。
しかし、利用者からすればマイナス情報を隠す形で書かれ、事実を曲げた情報は幾つかの記事を読みこむことで矛盾や誤情報などに気が付くはずです。
例を挙げるとクレジットカード現金化がキャッシングで借り入れをするよりもお得とする記事や、過去の逮捕業者の現金化方法、間違った法律の解釈などです。
クレジットカード現金化がキャッシングよりお得とする情報に関しても、詳しくどのような条件でのキャッシングとクレジットカード現金化を比べた場合お得となるのかなどを正しく記載しているサイトならばまだ正当な方向よりと受け止めもできますが、簡単にクレジットカード現金化がキャッシングよりお得と勘違いさせるような記事を掲載しているサイトは信頼度も低く用心するが必要清があります。
クレジットカード現金化がキャッシングよりお得になるケースは、高額申し込みをして還元率80%以上の業者を選び必ず一括返済する、またポイント還元率が1%はあるクレジットカードを使用した場合と、高額キャッシングで返済額が少ないリボ払いにした際では現金化の方がお得となります。
これほどの利用方法の差が無ければ現金化がお得とは言い切れないにもかかわらず現金化がお得と進める口コミサイト及びその広告先業者は明らかに信頼にかけるサイトと言えます。

キャッシュバック式型の還元率口コミ


還元率がサイト表示から大きく変わる業者を広告としているサイトでは、還元率が変わる理由については触れているが、変わらないようにするための記事などは存在しません。
また、多くのキャッシュバッ型クレジットカード現金化業者を広告する口コミサイトでは表示還元率から実際の還元率が変わる理由として決済代行会社を使用するため、クレジットカードの種類によって変更がある等の記事が書かれています。
実際、決済代行会社を通じて決済を行う際、JCBやMASTER、VISAカードとそれぞれの決済手数料は変わってきますが、その手数料は毎回不規則に変わるものではありません。
使用する決済代行会社が複数あっても申込者によって代行会社を変えたとしてもそのパターンは数パターンであり手数料の違いも数%です!
しかしこの手のクレジットカード現金化業者の還元率の違いは最悪の業者では20%近く変わってしまいます。
数パターンの決済金額の違いならば早見表を表示することぐらいは簡単なはずですが、そのような業者は見かけたことがありません。
また、クレジットカード現金化のリスクを考えると手数料も高くなるとの説明も存在しますが、リスクが高いとはどのような意味合いなのでしょう?
申込者に偽装カード等を使用されるリスクに関しては理解出来ますが、身分書確認を厳重に行えば問題は解決できる上、クレジットカード現金化での決済代行自体にリスクがあるとするならば、その決済方法自体に違法性が高いのでしょう。
(クレジットカード現金化業者が決済代行会社に本当の決済内容を伝えていないなど!)
そのようなリスクがあるようならば、リスクを伴う業者は選ぶべきではありません。
つまり、この手の理由を元にあたかも手数料の違いで還元率が変わるのは常識であるかのように記載しているクレジットカード現金化口コミサイトやブログは信用性に欠けてしまいます。

当サイトの運営目的


ここまで見極め方を紹介する当サイトも当然無償でのサイトではないとお考えでしょう!
しかしサイト管理者である私はこのサイトを運営することで1円も利益は出ません、しかしボランティアでのサイトでもございません!
過去に現金化を数十回行い、あまりにもサイト表記や説明とは違う振込金額に何度後悔をしたことか・・・・
過去に利用経験のあるいわゆる悪徳業者のようなサイトを見ると真実を伝えたい気持ちで作り出したのが当サイトです。
それらの信憑性に欠ける情報や優良店舗を攻撃するクレジットカード現金化口コミサイトを個人では直接攻撃は出来ませんが、このようなサイトを作ることにより、間接的に悪徳業者だとこれから現金化をお考えの方に伝えることが出来ればと考えてはいます。
また、うんざりしていた現金化業者の中で表記通りの対応をしてくれた業者はお勧めさせていただいています。

あくまでクレジットカード現金化が必要な方限定で発信しているおすすめです

まとめ


クレジットカード現金化業者自体の指示なのか、サイト作成者の誤認識かは不明なところでもありますが、現実とは離れた事例での記事で構成されるクレジットカード現金化口コミサイトから紹介されている業者は信用度にかける業者と判断されてもおかしくはありません。
真剣にクレジットカード現金化をお考えの方は参考とするクレジットカード現金化口コミサイトの数記事を確認して、内容に偽りや矛盾がないか、また都合がよすぎる理由になってないかを疑って確認して見る必要性があります。
また、真実から遠すぎる記事や、通常社会なら問題となるような表現を使い一部の業者を誹謗中傷する記事を記載するクレジットカード現金化口コミサイトから広告を張られる業者は同類と考えてもおかしくはないため、申し込みは控える方が無難でしょう。