クレジットカード現金化業者と口コミ・紹介・検証サイトの関係

以前は町の電信柱に貼りつけられたチラシや、立て看板などで広告を行っていたクレジットカード現金化業者ですが、インターネットが普及した現在ではGoogleやYahoo!等の検索で、関連キーワードが上位に表示されるサイト内に自社の記事を書きリンクを行う、又は広告バナーを取り付けたリンクより自社にお客を誘導する方法で集客を行っています。
これらのサイトがいわゆる「口コミサイト」や「現金化紹介サイト」「現金化検証サイト」であり、クレジットカード現金化業者にとっては命綱ともいえるサイトとなっています。
それでは、これらの口コミサイト等とクレジットカード現金化業者の関係性はどのような関係で成り立っているのでしょう?

口コミサイトや紹介サイトは90%以上は現金化業者が運営している


インターネットでの検索結果が広告の主体(アドワーズなどでの広告もしている業者も存在しています)であるクレジットカード現金化業者では、現金化に関連するキーワードで上位検索されることが売り上げに直結されます!
この関連キーワードで上位表示されるこの状況はクレジットカード現金化に限らずインターネット上で商いを行う会社では同じことが言えるため、大手ショッピングモールなどに出店していない限り、どのような会社や店舗でも自社に関連する検索ワードで上位表示されるため試行錯誤を行っています。(俗に言うSEO対策というものです)
通常は自身のホームページを上位表示させる対策を行いますが、近年の検索上位に表示されるSEO対策は非常に複雑な判断になっていることや、様々な検索ワードで自社への誘導を行いたい為か、自身のホームページを上位表示させるよりも口コミや紹介、検証サイトを作り上位表示させ、そのサイトより自身のホームページへお客を誘導する方法が定番になっています。
ここまでの説明でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、自らのサイトへの誘導サイトである以上、口コミや紹介・検証サイトの90%以上は、そのサイトから高評価されている業者(もしくは同グループ)が運営しているサイトであるか、お金を払い運営をホームページ作成会社に依頼しているかの何方かとなります。

現金化業者以外が管理するサイト


勿論、クレジットカード現金化業者自体が運営する口コミ・紹介・検証サイト以外でも現金化業者の記事や現金化に関して記載を行っているサイトももちろん数%は存在しています。
それらのサイトも厳しいSEO対策を行いながら上位表示される工夫をしており、それらの労力は目的がある為であり、一覧として紹介すると以下のような理由が考えられます

カードローン、消費者金融への誘導の為

クレジットカード現金化に関わる内容で検索を行っている人の多くは、お金に困っている人達です!当然、手持ちのキャッシング等では借り入れが出来なくなったため、クレジットカード現金化を調べている人達が大半ではありますが、調べている人達の中には新たにカードローンや、キャッシングカードを作れる人も存在する為、そのような人たちを審査の緩いカードローン等に案内するために作られたサイトです。
基本的にはクレジットカード現金化は違法であり、現金化業者は悪徳であると言う前提でカードローンに誘導しているサイトとなっていますが、中にはフラットな見解で現金化業者を検証しているサイトも存在します!

インターネット関連会社が広告収入の為に作ったサイト

予め1つの業種に絞り、サイトを作り上げることで関連キーワードの上位に表示されるサイトをネット関連の会社が作ったものです。
上位表示されることで現金化業者から広告の依頼を受け、リンクバナーなどやおすすめ業者と紹介を行い、そのサイト寄りの集客があった場合に広告料をもらう事が目的となるサイトです。
インターネットのプロが作る為に、出来栄えは優秀であるサイトが多いことや、現金化の検証を行っている場合には、あからさまに悪評を記載していない(常識的な表現で評価している)サイトが多いのが特徴です!
(広告主への評価は事実とは異なる記載はあるが、ライバル会社に対しても褒めるべき箇所は褒めている)

まったくの趣味で作られているサイト

ネットビジネスへ繋ぐための練習や趣味で作られているサイトであるが、SEO対策が行き届いていない為、なかなかは目にすることが出来ないサイトです。
現金化業者の検証を行っている場合には事実に近い形で検証を行っているが、個人でのサイトの為、評価が低いサイトでも厳しい表現では記載していないのが特徴です。

現金化業者が運営する口コミ・紹介・検証サイトの特徴


クレジットカード現金化業者が運営するサイトには大きな特徴があります!現状ではクレジットカード現金化に関して検索を行った場合、上位表示されるサイトで多く見られる特徴である為、これらのサイトはあくまでクレジットカード現金化業者が運営しているサイトであることを理解したうえで記載情報が真実か否かを判断することが大切です。

優良店やおすすめ業者が同じサイト

現状ではクレジットカード現金化に関して検索を行い、上位表示されているサイト内で優良業者やおすすめ業者と紹介されている業者は決まっています。
この理由は実際に優秀な業者だからと簡単に判断してしまうと嫌な思いをしてしまうこともある為、注意が必要であり、実際には大手現金化グループがSEO対策を極めている状況である為とおもわれますが、同グループ業者を上位に表示して集客を行っています。
おすすめされる業者が極端に同じ数サイトの場合には100%業者(同グループ)が運営するサイトと思っていいでしょう。

ライバル業者を著しく批判している

現金化業者を調べる場合には、業者を絞って検索を行う利用者も多数存在します。
ライバル業者の検証記事や口コミ記事を書くことで検索にヒットさせ、記事内容では批判的な内容を書き、自身が広告するサイトに誘導する方法をとるサイトが存在します。
特徴として事実か否かは別として、ライバル業者の検証や口コミ内容は著しく悪い内容で記載していることが多いようです。
また、口コミ内容などは批判対象の業者に良い口コミがあった場合には、業者のステマ等と2チャンネルのように口コミ内容に攻撃しているのも特徴です。
※通常、サービスを受けた商品に対しての悪評はあっても、他の投稿に攻撃するような口コミはありません、また、そのような投稿がある場合にはサイト管理者が削除するのが通常です

まとめ


インターネット上で商売をしていく上では検索上位に表示されること、上位表示内で自社に有利な表現を行う事自体は違法な行為ではなく、ステマに近い内容であっても当サイト管理者の個人的見解では違法な手段とは思いません。
しかし、広告である以上は一般的なルールは守るのは当たり前であり、過大広告やライバル業者に対して、真実ではない中傷などを書くことは企業としては認めてはいけない内容です。
個人への誹謗中傷と違い企業(業者)に対しての誹謗中傷は取り締まりや訴えを起こしても、削除が難しいのが今現在の現状(法律)であるため、悪意ある管理者が作るサイトが検索上位に表示されると、真実でない情報も真実としてまかり通る世の中です。
クレジットカード現金化の口コミ・紹介・検証サイトの90%は現金化業者が運営するサイトであることを踏まえて考えると、過大広告やライバル業者への真実ではない誹謗中傷を平気で掲載する口コミサイトなどから紹介されているクレジットカード現金化業者自体も同様のスタンスで営業を行っていると判断もできます。
違法行為は勿論、過大広告、邪魔な物には攻撃を加えると言う社会性が薄い人達が経営する業者とも考えられるため、申込を検討する場合には問い合わせをしっかり行い、振込金額や方式などをしっかり確認することが大切です。
クレジットカード現金化への口コミ・紹介・検証サイトは基本、現金化業者自体が運営していることを念頭に置き、サイト内で有意義な情報か?情報操作の記事か?をご自身で行う事が必要ではありますが、その見極めは困難なため、判断基準の一つとして、記載されている文章表現や口コミ投稿者の表現(2チャンネルのようになっていないか)等に目を向けてみてはいかがでしょう。