クレジットカード現金化紹介サイトを読み解くと見えてくるものとは

当サイトにて数回にわたり、クレジットカード現金化業紹介サイトやクレジットカード現金化口コミサイトの信憑性などを紹介させていただきました。
何度も紹介した内容ではありますが、これら現金化に関しての紹介サイトや口コミサイトの90%以上は、それぞれのサイトから紹介されるクレジットカード現金化業者や、優良店・ランキング上位として紹介されているクレジットカード現金化業者や現金化業者のグループが運営管理しているサイトです!
これらのサイトが存在する理由は、インターネット上で営業を行う無店舗型店舗にとってはインターネット上での広告が売上に繋がる要であり、簡単にGoogleアドワーズ等の広告が出せない(店舗URLでは広告は登録できない為、広告用ページとドメインを複数つくり虚偽の申請などで出される広告は存在します)現金化業者にとってはインターネット検索で上位表示される紹介サイトや口コミサイトからの集客が命綱なわけです!
集客の要である紹介サイトや口コミサイト内で自らの店舗を高く評価することは通常でも考えられる事柄ですが、これらのサイトを作る大きな役割は単純に自らの店舗を高評価する事で集客を行う為だけにあるのでしょうか?

クレジットカード現金化紹介サイトの種類


クレジットカード現金化に関しての紹介サイトを複数読んでいくと大きく分けて3種類に分かれているように感じます。

1.実際の経験談や調査を行い、複数の業者を紹介するサイト

実際の経験談や実際に調査を行い事実のみを記載している紹介サイトと言っても現実的にはその見極め方は難しく、本当の情報かどうかはサイトを読むだけでは判断が出来かねます!
しかし幾つかの傾向としては、おすすめや上位ランキングされている業者とおすすめしない業者への評価内容が両極端でないく、準おすすめ的な業者や普通での評価が記載されている事や、おすすめ出来ない業者に関しての記事内容もつじつまが合う文章か否かでおおよその検討を付けることは出来ます。
決定的に紹介サイトが実際の経験談や調査で書かれているかどうかを確認したい場合には、高評価の業者と悪い評価の業者それぞれに電話でお問い合わせを行い記事内容と一致するか調べることです。

2.低評価の業者紹介は少なく、おすすめする業者のみをピックアップしているサイト

分かりやす広告サイトがこの種類に分類されます。
通常の業種であってもこの形での紹介サイトは存在しており、おすすめする業者やランキング形式でも上位業者のみ紹介するサイトとなっています。
実際に紹介されているおすすめ業者の内容への真実か否かは不明ではありますが、純粋に自分たちが営業を行う店舗に集客する為に店舗の良いことだけを記事して掲載するサイトです。
これらのサイトは運営管理者への不安は少ないものの、情報はあくまで集客目的である為、記載情報を鵜呑みにしてしまうことは危険です。

3.事実とは異なる虚偽サイト

サイト運営者が関わる店舗や同グループをおすすめやランキング方式で上位に記載しており、それ以外の業者に関して記載する記事内容は誹謗中傷をメインにしているサイトです。
これらのサイトの目的は集客のみならず、ライバルとなる業者への攻撃も兼ねたサイトであり、多くの場合にはその紹介サイトが検索エンジンで上位表示されることを利用し、他の業者を調べている人達に間違った情報を植え付ける役割をしています。
おすすめしている業者恵の内容も事実とは異なる、実際には無い良いサービスや条件内容で記載を行い、ライバル業者に関しては事実とは異なる悪評を記載した作りになっています。
多くの場合にはこのようなサイトは中間的な普通評価の業者は紹介しておらず(紹介していても検索エンジン深く探さないと出てこないような業者のみ記載)、クレジットカード現金化に関する記事内容もおすすめしている業者の不利になる内容は記載していません。(おすすめする業者がキャッシュバック方式の場合には過去の逮捕された業者は買取方式などと事実を曲げて記載している等)
これらのサイトの信憑性も、おすすめされている業者と批判されている業者の両方に電話問い合わせを行う事で記載されている内容に偽りがないか確かめることは出来ます。

まとめ


クレジットカード現金化紹介サイトを読み解くと、先に記載したようにサイト運営をおこなう現金化業者やグループの思惑によって事実とは異なる内容で様々な情報が記載されています。
記載の信憑性に関しても一般社会では真実ではない虚偽の情報では、サイトより紹介されている現金化御者への評判をも落としてしまう為、行わないものですがクレジットカード現金化に関しては関係ないようで、あくまで申込みさえ来てしまえばOKの姿勢が伺えてしまいます。
サイト運営者と関わりのある店舗への誘導だけを行う紹介サイトの場合にはまだ、売り上げの為の過大広告を行う業者程度での判断で済む部分もありますが、事実とは異なる内容でライバル業者の誹謗中傷まで行う紹介サイトに関してはその記事内容が全くのでたらめな場合、儲けの為なら手段を選ばず、インターネットでの根拠のない誹謗中傷が問題視されている現代でもお構いなしに業者(会社)として違法な行為も行う危険な集団と判断も出来てしまいます。
手段を選ばない業者に申込みを行い、個人情報などを提出する危険性に関しては改めて説明しなくても想像がつく事と思います。

あくまでクレジットカード現金化を行うために調べている中で目に付いた紹介サイト上での1情報だと軽く判断してしまうと、後トラブルに巻き込まれる可能性も考えられるため、これら紹介サイトの内容に関してはしっかりと読み解き、申し込みを行う業者選びのヒントにすることが大切です。