クレジットカード現金化は安全なのか(おさらい)

クレジットカード現金化に関して記載している多くのサイトでクレジットカード現金化は即日にはお金を手にすることが出来る安全で色々な方におすすめできる方法と記載されていますが、実際に安全で素晴らしい方法でしょうか?
おさらいの形でクレジットカード現金化の安全性に関して紹介いたします。

個人での現金化の安全性

クレジットカード現金化の安全性
個人で現金化を行う場合、大きく分けてブランド品や電化製品を購入して質屋さんなどに転売する方法か、新幹線の回数券やギフト券を購入してチケットショップに購入してもらう方法のどちらかを選択する形だと思います。
カード利用停止などのリスクから考えるとブランド品や電化製品などを質屋さんやリサイクルショップに転売する方法はリスクは低く、カード会社から目を付けられる可能性はかなり低いようです。
カード決済時にセキュリティーがかかる事もありますが、本人確認が出来れば問題なく決済は承認されます。
いつも高額商品などを購入しない方が高額商品を購入するとカード会社から疑われるなどの記事なども目にすることがありますが、確認が入るのはあくまでご自身が利用したかどうかの確認です、自身のクレジットカードを利用の場合は、審査の段階で限度額は決められており、その範囲内で買い物をすることは何の問題もありません。
急に高額商品を購入することは通常の生活の中でもありえることで、それを行うことで不審に思われることがあると言うことはしっかり返済できていない場合以外ではあり得ません。
しかし、実際に手にすることのできる金額から安全性を考えると、買取率の低い商品を選んでしまった場合には手元に入るお金が決済の半額程になってしまうこともあり得るため、決して安全な方法とは言えないかもしれません。
買取率の高い人気商品を狙い撃ちしない限りは思った金額に手が届かないことが多いと思った方が良いです。
一方、新幹線の回数券やJCBなどのギフト券を購入してチケットショップに転売する方法は一番危険な方法と言えます。
自身の生活圏内以外の回数券などは明らかに不自然なため、始めて購入の際には問題なくても2回目以降には現金化を疑われてしまい、利用枠の制限や、最悪の場合にはカードの利用停止になってしまうこともあります。
一度カード会社に目をつけられてしまうとその後はどのような方法でも疑いをかけられている状態の為、クレジットカードを利用できる場所や金額に制限がかけられてしまいます。
JCBなどのギフト券も同じことが言え、立て続けにギフト券を購入すると利用目的などを詮索されてしまい、以後、利用できる場所の限定などをされてしまうこととなります。

カード会社への安全性

カード会社への安全性
クレジットカード現金化業者を利用しての安全性は様々な角度で検証することが大事です!
まずはクレジットカード会社に対して、利用停止などのリスクに関しては現金化のプロである業者を通じて行う方が個人で行う場合より数段安全だと言えるはずです。
もちろん、業者とは呼べないような悪徳サイトに騙されてしまい、申し込みを行ってしまうと事情は変わってきますが、数年間は営業を行っている現金化業者は新規のお客様だけでは営業は成り立たないため、リピーターを囲うことを行わなければなりません。
当然リピーターを作ることに趣を置けば安全に決済ができ、次回も取引が出来る状況を作らなければならないため、クレジットカード会社に現金化であることを悟られないような手続きを取るわけです。
換金率やお客様への対応が最悪な業者であっても、業者自身が生き残る為にも行う行為であるため、そこの一点のみを観ればどこの業者も安全に取引を行う方法を案内しています。
ただ、クレジットカード会社に現金化が発覚はしないが、業者によってはカードデーターをすべて伝えないと手続きを行えない業者なども存在するため、別の意味でのリスクも出てきますので、ここではあくまでクレジットカード会社に与える印象に関してのみの見解と思っていただきたいです。

現金化業者の安全性


クレジットカード現金化業者の現金化方法は大きく分けて2つの方法があります。
以前にも紹介したように、指定商品を買い取ってくれる買取方式とか指定商品を購入した特典として現金をキャッシュバックするキャッシュバック方式の2種類です。
当然どちらの方法も申込者が商品購入をして決済を行わなければなりませんが、この購入から決済までの作業すべてを現金化業者が行なう方式が増えてきているようです。
これらの業者は身分証明書の提示の際に、クレジットカードの情報をすべて渡さなければならず、渡した情報を使い現金化業者が決済作業を行います。
このような行為自体が違法行為であることはあきらかであり、違反行為を堂々と行う営業スタイルの業者にクレジットカードの情報をすべて渡すことは決して安全とは言えません。
そのような意味合いでは買取方式、キャッシュバック方式どちらの方法にしてもカード情報を全て提示する業者に申し込むことは安全性は低く、無謀な行為だと思われます。
業者選びの際には最終的に決済作業はだれが行うかも確認することをおすすめします。

お持ちのクレジットカード状況を把握する


安全にクレジットカード現金化を行うために、使用するクレジットカードの利用状況を理解しておくことも重要です。
利用状況として利用限度額はいくらなのか、今現在利用できる金額はいくらなのか、またクレジットカード会社の中には海外決済での利用制限が掛かっているものや、事前承認が必要なクレジットカードも存在するため、そのような制限やルールがないかも把握しておくことが必要です。
まずは自身のクレジットカードの利用状況を理解していない状態の場合、現金化でない通常の買いもであっても何度も決済が承認されない事が続くとカード会社への印象が悪くなるため、長い目で見ると安全なご利用とは言えなくなってしまいます。

まとめ



クレジットカード現金化は決して王道的な現金を手にする方法では無い為、その安全性に関しては細部まで確認することが必要です。

現金化の疑いイコール、即クレジットカードの利用停止にはなりませんが、疑いがかかるような行為を行った場合にはクレジットカードの利用できる場所の制限や金額の制限がかけられてしまうこともあり、さらに支払いが遅れてしまうと利用停止になってしまうこともあります。
また、利用停止以外の個人情報としての安全性も、申し込みを行う業者によっては安全とは言い切れないため、最低限の行動として電話での問い合わせを行い、信頼できる業者か否かを判断する必要性は必然です。
利用するクレジットカードの利用状況も含め、すべては事前の下調べで最低限のリスク回避は可能なため、ある程度の時間は使い下調べを行ったうえでクレジットカード現金化を行うことで安全な取引が出来るはずです。