クレジットカード現金化を行う事前準備

クレジットカード現金化とは、クレジットカード会社から融資としてお金を借りるいわゆるキャッシング枠ではなく、あくまで支払いを立て替えてもらうために設けられたショッピング枠を使い現金を手にする方法です。
平成22年6月18日に貸金業法改正が完全施行されて以来、キャッシングやカードローンでは基本、収入の3分の1以上での借り入れが出来なくなってしまいましたが、クレジットカードのショッピング枠を利用する現金化は貸金業法改正に伴う総量規制の範囲外のため、他の方法で現金調達ができない方にとっては最後の現金を手に入れる手段でしょう。
しかし、思い付きで事前準備なく現金化を行うと様々なトラブルや不要な時間を使ってしまうリスク出てくるため、そのようなリスクを減らし、クレジットカード現金化を安全かつスムーズに行うにあたり必要な事前準備を紹介します

優良なクレジットカード現金化業者の選定


クレジットカード現金化は個人でも行うことができる行為ではあります。
しかし、個人でのクレジットカード現金化は下準備から実際の手続きに時間がかかることや、実際に手にすることのできる金額が少なくなってしまうリスク、カード会社に現金化が発覚するしてしまうリスクなど、様々なマイナス要因がある為、クレジットカード現金化のいわばプロである業者を通じて行うことが一般的です。
しかし、数あるクレジットカード現金化業者を選ぶ際、当然のことながら目についた業者に直ぐに申し込むことは危険なため、インターネットを駆使して優良業者を探し出す必要性があります。
近年では多くにお口コミサイトやクレジットカード現金化を紹介するブログなどが存在しますが、多くのサイトは業者自体が運営しているか委託しての運営、いくつかのクレジットカード現金化業者がグループとなり運営しているサイトが殆どであり、それらのサイトは当然ながら自身の店舗の評価は高くしているため、記載内容を鵜呑みにしてしまうことは危険です。
インターネットで検索するキーワードも「クレジットカード現金化」1キーワードだけでなく、「クレジットカード現金化口コミ」や「クレジットカード現金化優良店」などの色々なキーワードで検索をかけて、色々なサイトを参考にすることが大事です。
また、一番大切な作業としては必ず申し込みを行う前に業者には電話で問い合わせをしてみることです!
いくら口コミサイトの評判がよく、業者ホームページに記載されている内容が良くても実際に手続きを行うと内容が違う場合があります。
最低でも申込金額に対して、いくら手元に振り込みがあるかを確認して、確認した金額の還元率を計算してみる事をおすすめします。
伝えられた金額がホームページ記載通りの還元率ではない場合には、金額に関することだけでなく様々な偽り行為を行われる可能性も捨てきれないため、その様な業者での申し込みは避けたほうが良いでしょう。
業者選びは基本であるため、急な出費に備えてあらかじめいくつかのめぼしい店舗を探しておくことが現金化の第一歩めだと思います。

クレジットカード利用限度額の確認


クレジットカード現金化を行うためには当然、クレジットカードが必要です!
クレジットカードにはカード所持者の信用や発行会社、カードの種類によって異なる限度額は定められています。
限度額の範囲内で利用を行い、利用するたびに限度額内から利用した金額が差し引かれた金額分が現在利用できる金額となります。
当然のことながら現在利用できる金額を超える決済は通常不可能なため、使用前にはカード会社に連絡を行い、実際に利用できる金額を確認しておくことがスムーズに現金化を行うポイントとなります。
毎月の請求者やウェブ明細では利用した決済情報が反映されていないことが多く、正確に金額を確認するにはカード会社に連絡をして金額を確認することが一番です。
利用可能額以上の金額を利用した場合には当然承認は下りないため、カード会社への印象悪くなるばかりか、少しづつ限度額を変えて決済を行うような行為をさらに行ったりした場合には不正利用を疑われてしまう危険性もあります。
とうぜん決済承認が下りないことで現金化業者にも不正利用を疑われることもあるため、クレジットカード所持者として当たり前に把握しておかなければならないことではありますが、利用可能額はしっかり確認しておきましょう。

返済方法の確認


多くのクレジットカード現金化業者での決済は一括決済となっています!
分割やリボ払いに変更したい場合には決済情報がカード会社に届いた後に、ご自身で分割やリボに変更する必要性があります。
クレジットカードの種類によっては自ら連絡を行わなくても自動的にリボ払いに変更できるカードやインターネットのアカウントから変更可能なカード、また返済方法の変更はできないカードなど様々なパターンが存在しています。
ご自身が所持しているクレジットカードの返済方法や支払い方法の変更ができるカードか、また、変更する際にはどのような手続きが必要かは事前に調べておきましょう。

返済計画をたてておく


クレジットカード現金化はあくまでクレジットカードのショッピング枠を利用して一時的に現金を手にする方法です。
カード決済として利用した金額はカード会社に支払いが生じるためその返済方法は計画的に考えておく必要性があります。
ショッピング枠を使用するためカード会社によって違いはありますが、一括や2回での返済の場合はカード会社への金利は発生しません。
一時的に現金が必要になった場合にはこの一括返済を行うことをおすすめします。
複数回での分割やリボ払いでの返済を考えている場合には、実際に利用するクレジットカード会社の金利などもしっかり把握したうえで、月々支払える無理のない金額でしっかり返済していくことが大事です。
この返済が遅れてしまうことで自身のクレジットヒストリーにマイナス情報が記入されるだけではなく、最悪の場合にはカードの利用停止になり、他のクレジットカードさえも利用できなくなるリスクも出てきます。
計画的な返済計画をもって必ず支払いはしっかり行いましょう!

まとめ


クレジットカード現金化業者を利用しての現金化でも事前に準備して調べることはあります。
ここで紹介した内容は最低限での準備であり、その他にも不測の事態に対応できるように事前に準備しておくことも在るでしょう。
しかし、トータルして個人でのクレジットカード現金化に比べると行うべき準備は最低限の範囲であり、所持しているクレジットカードの準備も通常、正しく利用されている方にとっては新たに準備する行為ではありません。

クレジットカード現金化は通常の社会では一般的な行為ではないため、最低限の知識と自身のクレジットカードの利用規則や特徴などを理解したうえで行うことを忘れないようにしましょう。