銀行系クレジットカードでの現金化注意点

クレジットカードの使用状況に厳しいクレジットカードブランドとしてアメリカンエキスプレスカードダイナースクラブカードが存在しますが、クレジットカード発行元として利用状況に厳しいカードとして知られるのが銀行系クレジットカードです!
これらの銀行系クレジットカードを使用してクレジットカード現金化を行う場合の注意点は存在するのでしょうか?

銀行系クレジットカードとは


銀行系クレジットカードとは読んで字のごとくメガバンクや地方銀行が国際ブランドと提携して発行しているクレジットカードです。
有名なクレジットカードとして「三井住友VISAカード」や「三菱東京UFJVISAカード」、「みずほマイレージクラブカード」などがあります。
これらのカードは申し込みの際の審査が厳しく、審査に通ると言うことは申込者の信用度が高いことであり、国内では所持していることがステータスに繋がることもあります。
ホテルなどで使用の際には少なくとも信頼度の高い人物と判断してもらえるはずです。
特徴として多くの銀行系クレジットカードは銀行キャッシュカードと一体型になっているものが多く、持ち歩きに便利でありカードのセキュリティもしっかりしたものが多くあり三井住友VISAカードでは写真付きのカードを作ることも可能になっています。

楽天カードは楽天銀行がありますが銀行系カードではなく流通系クレジットカードに分類されます

銀行発行のクレジットカードでのメリット


銀行系クレジットカードのメリットとして先に紹介したキャッシュカードと一体型で有る事での持ち歩きの便利さや住宅ローンなどの銀行ローンを先々考えている場合には銀行系クレジットカードを持っていると優遇されやすいと言われています。
また、銀行ATMの時間外手数料が無料になるカードが存在することや、クレジットカードの支払い引き落とし口座もカードと一体となった口座となり支払いの管理が簡単なこともメリットです。
何よりも銀行系クレジットカードでのメリットは備えられた保険類がしっかりしていることでの安心感です!
海外旅行などに所持するクレジットカードは流通系クレジットカードを持っていくより数十倍の安心感があります。

銀行発行のクレジットカードでのデメリット


銀行系クレジットカードのデメリットとして、あげられることは流通系のクレジットカードと違いポイント還元率が低いことです。
多くの銀行系クレジットカードの還元率は0.5%となっており通常時で1%の還元率である流通系クレジットカードと比べると大変低く感じてしまいます。
また、クレジットカード現金化を行うことを基準としてデメリット考えると利用状況に厳しいことがデメリットにもなってしまいます。

クレジットカード現金化で使用する際の注意点


クレジットカード現金化で使用する際に注意点として考えられることは利用状況に厳しいカードと言うこともあり、しっかりと現在利用できる金額を把握することが挙げられます。
利用限度額が足りず決済が出来ず、立て続けに金額を下げての決済を行うと不自然な決済とみられ本人確認の電話やセキュリティを変えられ解除の電話をかけなければならない状況になってしまいます。
また、その電話の際にカード会社によっては何に利用するのかなどを問いただされる可能性もあります。
二点目として支払日付近での利用を避けることです
もちろん1、2回での利用では問題ありませんが、毎月のように支払日前に支払い金額に近い決済を行う行為は現金化を疑われる可能性が出てきます。
また、現行系カードはキャッシュカードと一体型になっているものが多い為、現金化業者からの振込先に指定する銀行口座はキャッシュカードとは別の銀行を指定することが大事です!

クレジットカード決済に近い金額が決済後すぐに同一銀行口座に振り込まれる流れはあきらかに不自然であり、数回続けてしまうと現金化を疑われてしまう可能性もあります。

まとめ


銀行系クレジットカードは所持していること自体で日本国内では信用度が高い人物と言う評価につながる大切なクレジットカードです。
また先々、住宅ローンなどをお考えの方にとっては大切にステータスを積み上げたいクレジットカードでもある為、少しのミスでクレジットヒストリーに傷をつけることは避け無ければなりません。
その為、クレジットカード現金化に利用することをお考えの方はご自身でクレジットカードの利用状況を把握しておき、カード会社から疑いをかけられる可能性の高い日にちを避けて計画的に利用する必要性があります。
銀行系カードの利用限度額は他のクレジットカードと比べて利用枠の設定も低いため利用枠限界までのご利用を避け、優良店にて振込口座をカード発行会社とは別口座指定しでの利用をおすすめします。