クレジットカード現金化に必要なデジタル端末知識

近年、クレジットカード現金化業者は店頭での営業ではなくインターネット上での営業を行う業者が大半を占めるようになりました。
申込者と対面サービスを行わない現金化は本人確認や決済処理を行う際にはパソコンやスマートホンを使用して手続きを行う形となっており、デジタル端末を最低限の範囲は使いこなせなければなりません。
それでは最低限の範囲とはどの程度の範囲なのか、また端末を使いこなせない場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

現金化を行う場合の身分証明書送付


インターネット上で営業を行うクレジットカード現金化業者はどの業者も必ず本人確認を行います。
一昔前までは身分証明書のコピーやスキャンしたデーターをメールやファックスを使用して業者へ送る方式が大半を占めましたが、スマートフォンの普及により鮮明な写真が手軽に撮影できるようになった今では多くの業者はスマートフォンで撮影した身分証明書をメールで送る方式になっています。
その為、スマートフォンで撮影を行い、撮影した画像を適性の画像サイズでメールを送ると言う単純作業は行えなければなりません。
現在でもファックスでの受付を行っている業者も存在しますが、他人のクレジットカードを使用した詐欺やスキミングした情報を入力した偽造カードを使用して現金化を行おうとする犯罪行為が増えてきており、ファックスより正確に身分証明書の確認や発信先が明確に判断できる写真をメールで送る方式に変更する業者が増えているのが現状です。

キャッシュバック方式での購入作業


クレジットカード現金化をキャッシュバック方式での決済手続きを行う場合、通常は業者指定のネットショップで原石やCDなどを購入決済を行います。
決済手続き自体は楽天やヤフーなどで買い物を行う際の決済と同等の作業であり、業者によってはより簡単な作業で決済できる店もあります。
これらの作業自体はスマートフォンでもパソコンからでも行うことが可能であり、ネットショッピングを行ったことがある方にとっては問題ない簡単な作業です!
クレジットカード現金化をキャッシュバック方式で営業を行う業者の中では、キャッシュバック方式ということを隠し現金化代行と言う名目で申込者からクレジットカードの情報をすべて聞いたうえで業者自体が決済作業を行う業者も存在します。
インターネットが苦手な年配者などは、すべての作業を業者が行ってくれるため、このような業者を選ぶ方も多数いるようですが、クレジットカード所持者ではない第三者がクレジット決済を行う行為は違法であり、このような違法行為を営業方法として選択している業者にクレジットカードの情報をすべて伝えてしまうことは大変危険な行為といえます!
一通りインターネットでのショッピングを行ったことがある方にとっては、クレジットカードの情報をすべて送る危険性や決済手続きはそれほどむつかしい作業でないことは理解していますが、ネットショッピングを行ったことが少ない方にとってはより簡単な作業方法を行う危険な業者を選択してしまいます。
その為、クレジットカード現金化を行う場合には、インターネットショッピングを苦手意識なく行える程度の知識は必要です。

買い取り方式での購入作業


買い取り方式でのクレジットカード現金化業者もキャッシュバック方式と作業内容に大差はありません。
キャッシュバック方式と異なる点は、買い取り方式の業者は大手インターネットサイトで指定商品を購入した商品を買い取る形が大半のため、指定先サイトでのアカウント作成などが必要になります。
大手サイトの場合にはアカウント作成も簡素化されているため深い知識は必要ではなく、作業自体も分かりやすく簡単なものです。
しかし、インタネットでの手続きに苦手意識がある方は作業前に断念してしまう傾向にある為、インタネットの手続きやショッピングに慣れて親しんでおく必要性はあります。

まとめ


インターネットショッピングは多くの人に決済手続きを行ってもらうため、決済作業や買い物手順は非常に簡単であり、日々その内容は進化しています。
インターネットの手続きを苦手とする方の多くは対面サービスを好む傾向にあり、実際にネットショッピングを行ったことのない方が多いようですが、いざ作業を行ってみると意外と簡単に行えたと感じる方が多いと思います。
デジタル端末に苦手意識をもって簡単な手続きでの業者を選択することは間違いまでとは言えませんが、それなりのリスクは伴うこととなってしまうため、最低限の写真を撮影する、メールを送る、ネット決済をするまでは行える知識は持ち合わせておく事をおすすめします。