クレジットカード現金化を行う際に出来るリスク回避方法

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にするクレジットカード現金化はカードを発行するクレジット会社は認めておらず違反行為として規約にも記載しています。
その為、クレジットカード現金化が発覚した際には利用枠の制限や利用場所の制限、最悪の場合には利用停止処分になることもあります。
専門業者を利用したクレジットカード現金化の場合には本人が伝えない限りはカード会社に発覚することは略ありません。
しかし、確実に現金化を行っている証拠を見つけ出すような形での発覚はありませんが、カード会社にクレジットカード現金化の疑いをかけられてしまうことは考えられます。
そのような疑いをかけられた場合には利用金額の制限や決済場所の制限などの処分を下される恐れもあるためリスクを少なくする注意点がいくつかあり、それらリスクを回避するいくつかの方法をピックアップして紹介させていただきます!

クレジットカード現金化、申込日での注意点


クレジットカード現金化を行う動機として急な物入りや個人事業などの資金調達など様々な理由はありますが、そのなかにクレジットカードや公共料金などの支払い用として現金調達の手段として行う人達も多数存在します。
そのような月末やカード支払いの引き落とし日や前日に数カ月続けて現金化を行った場合にはクレジットカード会社から支払いの為にクレジットカード現金化を行っているのではないかと疑われてしまう可能性はあります。

もちろん通常の買い物を支払日前日などに行うことは多々あり、即時に疑いを掛けられることではありませんが、数カ月も同じ日に決まった額で現金化を行うと決済に不自然さが出てしまうため、なるべく月末や支払日前にでの利用は避けることをおすすめします。

クレジットカード現金化、利用金額での注意点


クレジットカード現金化を行う場合に一度に高額での申し込みを行うことはリスクを伴います。
もちろん高額での申し込みが、すべての人対象でのリスクではありませんが、普段から高額の買い物などがない方や発行されたばかりのクレジットカードでの高額決済の場合には高額での決済自体に不信化を持たれクレジットカード会社からの本人確認の電話などがかかってくる可能性があり、その際に不自然な対応などを行うと何らかの疑いなどを掛けられる恐れはあります。

利用限度額での注意点


クレジットカードのショッピング枠には利用限度額が存在します。
その限度額は利用して支払いが完了するまでは利用した金額が差し引かれた金額でしか決済を行うことができないのがクレジットカードのルールです。
しかし利用当日に決済可能な利用限度額を把握せず、限度額以上の決済金額で現金化を行った場合には当然のことながら決済承認は通りません。
その後に決済金額を下げて再度承認作業を行うなどを行った場合、タイミングが悪ければ現金の疑いをかけられることもあります。
この限度額を下げての決済は特にキャッシュバック型の現金化では注意が必要です。
通常のショッピングの場合、購入商品点数を少なくすることで決済金額を調整することは可能ですがその場合には細かな数字になるのが通常であり、区切りの良い金額で決済額を下げながら複数回行う決済は現金化の疑いがかけられる可能性が高いためです。
また、クレジットカード現金化を疑われない場合でも使えるだけ決済を行おうとする行為はカード会社への印象も良くはありません。

支払いでの注意点


ここまでクレジットカード会社に現金化を疑われるリスクに関して紹介いたしましたが、一部の利用方法に厳しいクレジットカード以外では現金化の疑いだけでは即利用停止などの処分は、ほぼ無いといってよいでしょう。
しかし、利用したクレジットカードの支払いに遅れてしまうと話は変わってきます。
クレジットカード会社もあくまで利用する人がいなければ商売として成り立たないため少しの疑いだけでは何かしらの処分を下すことはありませんが、支払いの遅れなどが生じた場合には当然それなりの対応は行い、カード利用内容で不審な点があった場合にはより目を光らせて利用状況を判断されることとなります。
その際には何かしらの処分を下される確率は大変高くなります。
クレジットカードを利用するうえでの大前提となりますが、利用した分の支払いは遅れることなくしっかりと返済していくことがその後のカード利用にも影響を与えるため大切なこととなります。

まとめ


クレジットカード現金化業者を通しての現金化は個人で行う現金化と比べはるかに不自然さはなくカード会社から疑いをかけられる率は低いものです。
しかし、利用者の使い方によっては疑いをかけられてしまうことも在る為リスクを避けるためにできる簡単な注意点を守ることが必要です。
今回紹介した内容はすべての利用者に当てはまる内容ではありませんが、少しでもリスクを下げたい方は実践してみることでの損はないと思います。