クレジットカード現金化が必要な人とは?

クレジットカード現金化は法律上は違法な行為と断定はできませんがクレジットカード発行会社の利用規約では禁止されている行為であり、世間的にもグレーゾーンと認識される行為です。
一般認識ではグレーゾーンでありカード規約上は禁止される行為を行う形となる、クレジットカード現金化は全ての人に万能な行為ではなく決しておすすめする手段ではありません。
しかし、格差社会の中で今を生き抜くためにどうしても現金が必要な方にとっては現金を手にすることのできる最後の砦であり必要悪ともいえる行為だと認識します。
それではどのような人にとってクレジットカード現金化は手段の一つとして考えても良い物なのでしょう?

現金化の世間での認識


現代の日本では法律上では禁止されているが暗黙の了解で成り立っているビジネスは多々存在します。
身近なところで日ごろのストレスを発散することのできる遊戯として小さな町でも存在するパチンコは代表選手と言えるでしょう。
世間ではカジノ法案などと合法的にギャンブルのできる法律を作る動きに進んでいますが現在の日本では公共の競輪競馬、競艇などを除く賭け事を行なうことは禁止されています。
しかし、パチンコは景品を別業者に買い取ってもらう、いわゆる三店方式という方法のため違法とではなくグレーゾーンとして放置されており、警察の見解も「パチンコ換金は知らない」ということになっています。
成人であればだれでも遊戯が楽しめるパチンコとクレジットカード現金化を同じグレーゾーンと並べては行けないことかもしれませんが法律上で違法でないのはギャンブルではなく、クレジットカード現金化の方であることも認識としては持っていただきたいことです。
しかし、現実としては成人であればだれでも遊戯できるパチンコはグレーゾーンでありながら世間的に認識され業種であり、サービス面の競争も激しい業種の為、お客へのサービス面など正当な形で経営を行わなければ成り立たない業種となることで駅前での営業ができるような娯楽施設として成り立つことが出来ています。
一方クレジットカード現金化は競争が激しくなった現在でもサービス面での競争ではなく、広告の露出度や同業他社への誹謗中傷によって自らの店舗にお客を呼び込む手法が多く、いまだに一般常識的には通用しないような営業方針の悪徳業者が存在するためグレーゾーンの認識が強まっています。

現金借入先と総量規制


現金の借入を行う手段として幾つか方法が存在します。
一番有利な借入先として考えられるのは親戚などからお金を借りることです。
しかし親戚からの借入は家庭環境によっても違いがある事や親戚と言え、お金の貸し借りを嫌う方にとっては行えることではありませんので全ての人に当てはまる事ではありません。
一般的に考えた場合の借入先は、銀行や貸金業者よりお金を借りることとなり、目的が自由な借入と考えると貸金業者からの借入が一番多い借入方法と考えられます。
しかし2010年に施行された貸金業法の総量規制によって借り入れできる金額は全ての借入先の合計で年収の3分の1までと制限がかけられたことにより、多くの人達が現金借入を行うことが出来ない状況が生まれてしまいました。
元々は多重債務者を無くす目的での総量規制でしたが実際に借入が必要な人たちとは低所得者や現金での支払いが日常的に行われる人たちであり、規制範囲内では生活の資金繰りが行えない状況に陥る人たちが存在する結果になってしまいました。

現金化はショッピング枠を利用する


クレジットカード現金化は手持ちのクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法です。
クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の総量規制で制限される対象となりますがショッピング枠は総量規制の対象外となっています。
そのため今までの利用状況によってはショッピング利用金額が高い設定になっている方も存在するはずです。
また、総量規制いっぱいの場合でも希少ではありますがクレジットカードをキャッシング枠なしで新たに作ることが可能なクレジットカード会社も存在するようです。

その際の注意点としてはキャッシング機能の付いていないカードやキャッシングが付いているカードでもキャッシング希望額を限りなく0に近い金額で申し込むことです。

まとめ


通常現金を借り入れする場合、親戚などから無利子で借り入れできれば一番だと思いますが金の切れ目が縁の切れ目にならない様にしっかり返済していくことが当たり前ですが大切となります。
また、現在の借入金額が重量規制範囲内であれば、できるだけ金利の安い貸金業者から借り入れをすることが一般的な方法です。
親戚からの借入も出来ず、重量規制の問題で新たな借り入れが出来ない状況の場合の現金を手にする手段として出てくるのがクレジットカード現金化だと考えます。
クレジットカード現金化以外でも重量規制などの法律は関係ない違法な形で現金借入が出来る闇金業者なども存在しますが、金利やその後にトラブルなどをなどを考えると間違いなく闇金での借入ではなく、手数料を引かれてもクレジットカード現金化をおすすめします。
個人事業者の方で急な現金が必要な際にもクレジットカード現金化は有効的な方法だとおもいます。
もちろん他の借入先が有る場合は他の借入方法をおすすめしますが、新たに借入を行う場合には多くの審査があるため繋ぎの資金として現金化を使うことも選択肢の一つです。
また、夫に内緒で現金が必要な専業主婦の方の中でどうしても現金が必要な場合、貸金業者やクレジットカードのキャッシングでは借入形跡が残ってしまうため、通常のショッピングのように何を購入したかが詳細が分からない形のクレジットカード現金化を利用することも一つの手ではあります。
一部の人にとっては必要な現金化ですが、もちろん支払いは発生するため、返済計画をしっかり持って行うことと、時間をかけても優良店舗を事前に調べておくことが大切です。