キャリア決済で現金化は可能か?

キャリヤ決済と言う言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
このキャリヤ決済とは携帯電話料金と合算で商品などの代金を支払うことができる決済サービスの事を言います。
各携帯会社によって呼び名が違うため聞きなれない決済方法と思ってしまいますがソフトバンクでは「ソフトバンクまとめて支払い」、Docomoでは「ドコモケータイ払い」、auでは「auかんたん決済」と言う呼び名になっており、こちらの呼び名なら聞き覚えがある方も増えると思います。
それではこのキャリア決済を使って現金化を行うことはできるのでしょうか?

キャリヤ決済とは


携帯会社によって呼び名の違うキャリア決済ですがシステムは同じで携帯電話を使って決済を行い、支払いは月々の携帯電話料金に合算される形で請求がされます。
よくDocomo携帯のdカード mini (ID)と混同している方もいらっしゃいますがdカード mini (ID)のような電子マネーとは別の決済方法です。
利用できる金額は携帯会社の違いや携帯電話の契約年数等によって変わってきますが最大で10万円、多くの場合は3~5万円となっています。
クレジットカードと違い支払いは全て翌月一括支払いであり分割やリボ払いは出来ません。
決済方法はドコモケータイ払いで説明すると商品購入の際、支払い方法を「ドコモケータイ払い」に選択するとSPモード決済と言う項目が現れ、そちらからSPモードに進みSPモードパスワードを入力し決済承認を行う流れとなっています。
クレジットカード決済のようにカード番号などの入力が必要ではないため手続き自体は非常に簡単な操作方法となっています。

キャリヤ決済で現金化は出来るのか


結論から紹介すると現金化は可能なようです!
クレジットカード現金化業者のホームページを見てみるとキャリヤ決済での現金化を行っている記載があるため可能と答えましたが実体験としてサイト管理者自身がこのキャリア決済で申し込みを行ったことが無い為100%とは言い切れません。
色々なサイトから勉強してみるとキャリア決済での現金化は買取り方式でありギフト券などをキャリア決済可能な専門サイトから購入して現金化業者が買取りを行うようです。
キャッシュバック方式のようにカード決済代行を使いキャリア決済を行うことは業者の審査や手数料が高いことから行っている業者は存在しないようですが、常に新しい方式を考える業界ですので現在ではキャッシュバック方式でキャリア決済現金化を行っている会社も存在しているかもしれません。

キャリア決済での現金化のデメリット


キャリア決済でのデメリットはその特性から考えると以下のように事だと考えられます!

■支払いが分割やリボ払いにできない
■支払いが遅れた場合、キャリヤ決済が使えなくなるだけでなく携帯電話が止まってしまう
■利用できる金額が最大で10万までの少額
■取り扱いのある業者が少ない為、業者選択に幅がない
■還元率などは業者の言いなりになる可能性が有る

また、買取り方式の為、キャリヤ決済でのギフト券を販売するサイトがいつキャリア決済での購入が出来なくなってしまう可能性が有ります。
一時期ドンキホーテー店舗でAmazonギフト券が購入できていましたが、ネットで情報が回り多くの利用者が出たことから今ではクレジットカードで購入できなくなりました。
このキャリア決済での販売サイトも同様に利用者が増えることにより、トラブル件数が増えた場合には利用できなくなる可能性は十分考えられます。

まとめ


携帯電話の支払いと合算で支払いを行うキャリア決済はクレジットカードブラックの方でも携帯電話の支払いを一定期間行っていれば利用できる信用決済です!
カードブラック状態で現金借入が出来ない方にとってはキャリア決済で行う現金化は最後の現金を手にするための一手だと考えられますが、キャリア決済可能な現金化業者の数やシステムの新しさから様々なリスクがあることも承知で行うことが必要だと考えられます。
また、利用した際には必ず支払いを遅れることなく支払わなければ日常生活に欠かせない携帯電話が停止されるため、支払い計画をしっかり立てた計画的な利用が大切です。