クレジットカード現金化の悪徳業者とは?

クレジットカード現金化業者の一般世間的なイメージは良いイメージではなく、いわゆるグレーゾーンの業種として捉えられています。
イメージが悪い理由の一つとしては、いわゆる悪徳業者と呼ばれる業者が存在するためです。
申し込みを行い、カード決済を行ったが現金を振り込まれないことや、業者に送った個人情報を利用されるなどの被害が起こったことも過去には存在すると思います。
その様な被害があったことから現金化業者のイメージは悪くなりグレーゾーンの業種イメージが付いていますが、現在でも犯罪行為を行うような業者は存在するのでしょうか?
また、悪徳業者の定義とはどのような業者でしょうか?

犯罪行為を行うクレジットカード現金化業者


現金化業者の中でも法律的に100%犯罪行為を行う業者は現在では、ほぼ存在しません!
あくまで業者と言うくくりでの話ですが、クレジットカード現金化業者を装った単発的な犯罪集団は存在する可能性はあり、そのような集団はインターネットを巧みに使い長く営業する業者のようにサイトを作り申込者からクレジットカードを使用させるが現金を振り込まないなどの行為を行います。
また、申込者のクレジット情報を不正利用する手段も存在すると思います。
しかし、そのような集団が営業を装うサイトは単発的であり長い期間の営業は逮捕される可能性が高くなるため行いません。
そのため通常インターネット検索から検索順位に表示されるサイトから紹介される現金化業者は法律上でそく犯罪と断定されるような行為を行う確率は少ないと思います。

クレジットカード現金化業者の悪徳業者とは


法律上での犯罪行為までは行わないが、申込時の内容と取引完了後の内容が全く違うような業者は多々存在します。
ホームページには90%以上の高い還元率を記載しているが実際に申込者に振り込まれる金額は60~70%という過大広告でお客を集め申込時には実際に振り込む金額を伝えず最終的に様々な名目の手数料などを付け加えて振り込み金額を少なくするような業者です。
このようなクレジットカード現金化業者は犯罪行為すれすれの行いであるため、以前より振り込み完了まで金額を伝えない業者は少なくはなっていますが現在でも存在はします。
また、申込時にはぼんやりとした還元率は伝えるが明らかにホームページ記載の内容とはことなる業者は多数存在します。
このような業者はいくら振り込まれるのか質問をしても申し込みを行い身分証明書を送った後でないと正確な金額は伝えていただけません。
この方法は大半の申込者は身分証明書を送った後にはキャンセルを行わないことを分かった上で行っているため、多くの申込者はしぶしぶ取引を行うこととなります。
もちろん、キャンセルを行うことも可能ですが、このような営業意方針の業者に身分証明書を送ること自体に不安は感じてしまいます。
色々な業種でも多少の過大広告は存在しますが直接利用者のお金にかかわる個所を変更する業者が存在するのはクレジットカード現金化ぐらいだと思います。
多く存在しない理由は通常商売では行ってしまうとお客様の信用を無くして店舗の存在自体が危うくなるためです!
しかし、クレジットカード現金化と言う特殊な商売上、そのような営業方針でも経営を続けることが出来ているのが現状のようですが、一般社会の道徳に照らし合わせるとこのような業者は悪徳業者と言ってよいでしょう。

クレジットカード現金化業者の優良業者とは


それでは悪徳業者とは真逆の優良業者とはどのような業者でしょう?
何度も伝える内容ですがクレジットカード現金化は世間ではグレーゾーンの業種です。
グレーゾーンの業種の中で優良業者と表現することもおかしな話ですが、余計な小細工を行わず嘘の記載がない業者こそが優良業者と言えるでしょう。
虚偽の記載が有るの無いのかの判断は問い合わせを行うなどの行動でしか確認できませんが、ざっくりとした判断方法としてホームページ上に小さなフォントで「●●●の場合」や「最大で」などの記載がある場合は正確な還元率を記載していないと判断できるため申込には慎重になった方が良いと思います。

まとめ


現在では法律上でも犯罪と断定できる犯罪行為を行う現金化業者は皆無となっていますが、現金化業者を装う犯罪集団もいるため日ごろから長い期間営業を行っている業者を幾つかピックアップしておくことも大事な作業だと言えます。
また、犯罪行為と断定はできませんが虚偽の記載で申込者を引き込んでいる悪徳現金化業者は多数存在するため信頼できる情報を探したうえで優良業者につながる情報を見つけ出しておくことも必要です。