家族名義のクレジットカードを使用して現金化は可能か

クレジットカード現金化を行う場合は当然ご自身が所持しているクレジットカードを使用します。
しかし、ご自身のクレジットカード利用限度額がいっぱいの場合に家族のカードならば使える可能性があるのではと考えてしまう方も存在すると思います。
ではご家族のカードならば本人の了解なく使用することはできるのでしょうか?

クレジットカード規約


クレジットカード会社の利用規約ではカード会員本人以外の利用は禁止しています
もちろんこの本人以外の利用禁止はご家族であっても当てはまり、ご家族の利用があることも想定した家族カードと言う本会員の追加カードとして家族も使える個別のカードを発行できるサービスを構えているのです。
この家族カードは利用限度枠は本会会員の信用範囲内で定められますが、家族それぞれにクレジットカードが発行されているため、発行されたカードを使用して家族共通の枠内で利用することが可能です。
したがって繰り返しになりますが本人以外がたとえ家族であってもクレジットカードを使用することは禁止されています!
しかしクレジットカードの利用規則で考えた場合には現金化と言う行為自体、規約違反のため同様の規約違反ならば現金化業者も利用を許可するのではないかと考えてしまいます。
現金化業者が家族のカードを無断で使用することを許可するかどうかに関してまずは法律上で考えてみます。

法律上の見解


それでは法律上では家族のカードを許可なく使用することは罪になるのでしょうか?
クレジットカード現金化と言う行為はクレジットカード会社の利用規約では禁止されています。
しかし日本の法律上は現金化を行うことは違法と判断することが出来ません
過去の現金化業者の逮捕事例でも現金化自体の罪ではなく、ひどい営業内容で取引を繰り返していたキャッシュバック方式の現金化業者を貸金業法違反の罪で逮捕した形です。
一方、他人のカードを許可なく利用することは法律上でも罰せられる内容です。
もちろん家族が使用の場合は利用内容によっては罪とはされないこともあります、例えばカード所持者に了解を得て使用する場合や奥様が旦那に内緒で生活費の為にクレジットカードを利用した際などは状況によって違いがありますが罪とならない場合もあるようです。
しかし大抵の場合には本人の許可なく使用してその行為が発覚、訴えを起こされた場合には法律上で罰せられる可能性はかなり高くなっています。
家族間のトラブルの為、裁判になった際の判例はその生活状況により変わることが有る為、断定する表現は避けてはいますが少し離れた親戚などが使用したと考えると確実に罰せられる行為です。

現金化業は申し込みを受けるのか


結論から紹介すると家族名義のクレジットカードを使用する形での申し込みを受ける現金化業者はほとんど存在しません。
もちろん家族に承諾を得た上で手続き自体をカード所持者以外の家族が行うことを承諾する業者も存在するとは思いますが、その場合も申し込み自体はカード所持者での申し込みであり、本人確認などもカード所持者に対して行なうはずです。
申込みを受けない理由として家族が使用するのならまだ話が分かる場合もありますが家族と偽った全くの他人が不正利用している可能性もあり、それらの可能性を対面営業をしていないネット業者では100%確認することが困難なこともあります。
家族間の利用でも許可なく利用した場合には後々トラブルとなり現金化の方式によっては自社の不利益になることも受け付けない理由でもあります。
また、社会道徳的に見ても法律上でも犯罪と断定される可能性の高いことに手侵すような業者は現状では少ない事も理由の一つです。
全く存在しないと断定しない訳は違法行為であっても自社に損失が起きない状況ならばお構いなしに手続きを行う業者も存在するためです。
しかし、そのような業者は何かあった際にはすぐに解散できるような仕組みで営業している業者の為、平気で他の違法行為も行う可能性が否定できないため利用することはおススメしません。

キャッシュバック方式の業者が受けない理由


キャッシュバック方式の業者の場合、決済代行会社を通して申込者の決済を行います。
その為、例えば家族であっても旦那に内緒でカードを利用した後、旦那に発覚したことでカード所持者である旦那から決済を無効にする届などが出た場合
決済代行会社にトラブルを持ち込んだ形になり決済代行会社との取引が解約される可能性がでてきます。
決済代行会社の多くは現金化での決済を良しとしていません、少しでもトラブルがある場合には契約自体を簡単に解約する方向で処置を行います。
また、現金化自体の決済代行を請け負う代行会社も多くは存在しないため、業者としても命綱となる決済代行会社から取引解約される可能性の高い行為は避けるのが通常です。
たとえ一般道徳がない現金化業者であっても飯の種である代行会社との取引を解約されるような行為は行いません。
しかし例外の業者も幾つか存在するようで、そのような業者は代行会社との取引自体を虚偽の申請で行っているような会社です。
そのような会社はたとえトラブルになっても次から次に代行会社を変えるため、平気で違法行為に手を貸すようです。

買取り方式の業者が受け付けない理由


キャッシュバック方式の業者と違い直接的な被害が少なく済む買取型の業者も勿論、本人のカード以外では申し込みを受け付けません。
キャッシュバック方式の業者と違い経営全体に繋がるダメージは少ないようですが、買取った商品がキャッシュバック方式と同様に、内緒でカードを利用した後、カード所持者に発覚したことで決済を無効にする届などが出た場合には買い取った商品を返却せざる得ないこともあり、申込者に振り込んだ金額が戻ってこないリスクもあります。
また、買取り商品自体の承認が下りず取引完了までたどり着かないことも多くあるため申込み対応を行った無駄となる時間のも取られてしまいます
なにより買取り方式の業者は古物商の届けを出して営業をしているため犯罪行為と判断できる行為に手を貸すような行為は行わない業者がほとんどです!
しかし、買取り方式の業者の中にはクレジットカードの確認を行わない業者も存在します。
そのような業者はたとえ他人のカードを利用されていたとしても発見は出来ないわけです。
買い取り商品の返却を求められても応じることはなく平然と業務を行い続ける業者でもある為、犯罪行為だろうと損をすることもなく儲けがあれば極端に言えば偽造カードだろうとお構いなしの営業姿勢でいるわけです。
もちろん犯罪行為を未然に防ぐためカード確認を行う業者も多数存在するため申し込みを行う際にはそのような常識的な道徳観をもった業者で取引を行うほうが安全です。

まとめ<


たとえ家族のカードであっても他人のカードを了承無く使用することは行ってはいけません!
社会ではグレーゾーンと認識されるクレジットカード現金化業者でも、まともな経営を行っている業者は自身のカード以外での申し込みは受け付けません。
クレジット審査に通らない状況で現金化をお考えの場合には家族カードの申込みを行い、ご自身のカードを使用して現金化を行うことが正当な方法です。