個人で行うクレジットカード現金化の不安点

クレジットカード現金化の方法として個人でブランド品やギフト券を購入して質屋さんやチケットショップに販売する方法があります。
しかし、多くの方は個人での現金化にはリスクがあるのではないかと考えていると思います。
それでは、実際どのようリスクがあるのか、その方法や無事に現金化自体が行えるかなど、個人でのクレジットカード現金化の不安点と言う題材で紹介させていただきます。

家電品、ゲーム機購入をして個人でクレジットカード現金化


個人で現金化する場合の中で家電品をクレジットカードで購入する方法はカード会社から現金化の疑いをかけられるリスクに関しては一番低い方法と言えます
電化製品の中でもパソコンやテレビは高額買取のが期待できる商品となりますが注意点としてはモデルチェンジや人気商品の変化が速いため、インターネットなどで現在人気の商品を調べて購入する必要性が有ります。
また、ギフト券や高級腕時計とくらべて買取率も少し低い現状です。
さらに高額でのお買取りを希望する場合には未開封が前提となるため購入から転売まで大きな段ボールを未開封のままで持ち運ぶ必要性が有ります
人気のゲームソフトを購入して転売する方法も単品の場合はリスクが低い方法と言えます。
しかし、ゲーム機やゲームソフトの単価は低いためまとまった金額をお手元に希望の際にはまとめ買いをする必要性が有り、まとめ買いを行う必要性が生じます。
やはりまとめ買いはカード会社への印象は悪く換金目的と疑いがかけられてしまう可能性も捨てきれません。
電化製遺品と同じで流行り廃りも早いため現在の人気商品を調べて購入する必要性もあります。
家電製品の買取業者は都心部では少なくは有りませんが地方では業者自体が少ないため買取率も低くなることや、そもそも買取業者が点在しない地域ではネットオークションなどで販売するする必要性が出てくるため現金を手にするまでに時間と労力が必要とされます。

ブランド品購入での現金化


ブランド品をクレジットカードで購入することは通常ならば困難ではありません。
わざわざ大金を銀行から引き出して現金で買い物をする手間を省くためのクレジットカードですのでブランド品をカード購入することは通常ならば何の問題もない行為です。
しかし、カード購入の際、クレジットカード会社は購入履歴を確認して決済承認を下す場日もあるため不自然な買い物の場合、承認が下りないこともあります!
よく巷でも語られる普段から高額な買い物をしていない方は決済が下りない等も理由の一つでありますが詳しく言えば転売可能な高級ブランド商品を購入することに疑いをかけられる場合があるためです。
疑いがかけられる場合とは購入場所(決済店舗)が高級ブランドショップであり、ご使用のカード状況もキャッシング枠が付いているクレジットカードでキャッシング利用枠がいっぱいかつ高額な買い物をしたことが無い人の場合となります。
このような場合はカード会社から電話がかかってくることもあります。
こういった買い物場合は一括返済で決済を行うと承認が下りやすく、リボ払いにするとより承認が下り辛くなる等の支払い方法によって承認の可否が決まることもあります。
また、購入するブランド品にも気を付ける必要があり、通常ブランド品の場合高額で買い取ってもらえる商品は限られており、一部の人気ブランドの人気のアイテムでなければ買取率は購入金額の半分程になってしまう場合もあります。
そのため人気ブランドの高額買取可能なアイテムを狙い撃ちで購入する必要性が有りますが、
人気アイテムを購入できた場合には、ほぼ購入金額と同額で買い取ってもらえることもあり、加えてカード購入時のポイントも貯まるため実質プラスでの現金化となります。
しかし、人気商品は品薄の為の人気であり購入自体が困難なため現実的だは有りません。

高級時計購入での現金化


高級時計をクレジットカードで購入する場合にもブランド品と同じことが言えます。
普段から購入時計を何度も購入するなどはよほどの富裕層でなければ行わない行為の為、初めて購入の際には購入できることもありますが、こちらもカード所持者のカード情報によって現金化の疑いを掛けられてしまうこともあり疑いをかけられる度合いはブランド品よりも高くなるため、確実にカード会社からの確認電話は掛かってくることとなり、転売が発覚した場合にはカーロ利用停止などの処分が下されることもあります。
そもそも換金率の高いロレックスやオメガなどの時計はクレジットカードでの購入が出来ない店舗も存在するためカード購入出来る店舗をしっかり探すことから始める必要性が有ります。
購入する商品ブランド品と違い狙いが定めやすく値崩れの少ないロレックスやオメガが高額買取対象商品となります。
新品の場合は販売価格の80%~90%近くの換金率で買取を行う業者も存在するため無事購入できた際には多くの現金を手にする可能性はあります。
しかし、先にも述べたようにクレジットカードで購入できない店舗の多さや疑いをかけられるリスク度から考えるとお勧めの方法ではありません。

商品券購入での現金化


商品券やギフト券をクレジットカードで購入できる店舗は限られています。
街のチケットショップはもちろんデパートでも現金のみでの販売となっておりクレジットカードでの購入は出来ません。
JCBギフト券のようにカード会社から発行されるギフト券はカード会社サイトなどから同一カードブランドであれば購入することが可能ではありますが、その購入金額には制限があり複数回の購入もできないようになっています
ギフト券を自分用に購入する方は稀であり、プレゼント用に購入することがほとんどですが、矛盾する内容としてカード会社はカード決済での購入商品を返済完了前に他人に譲渡することを禁止しています。
そのためギフト券購入の際にも一括支払いが前提となり、また高額金額の購入はできません。
JCBギフト券の購入はカード利用履歴によっては現金化を疑われる可能性が一番強く、一度でもJCBなどのカード会社発行ギフト券を購入した方には後々の買い物際にもより慎重に承認作業を行います。
このような現状からJCB等のカード会社発行ギフト券購入はプレゼント用でもお勧めできず、プレゼント用に購入を考える際には現金での購入がベストとなります。
また、カード会社発行ギフト券以外の商品券やギフト券をクレジットカードで購入可能な店舗はほぼ存在しません

個人でのクレジットカード現金化の不安点まとめ


個人での現金化は何が高額で転売できるかの下調べが必要であり、時には期待した買取金額には程遠い金額での買取となってしまう恐れもあります。
また、クレジットカード現金化の専門業者を通さない方法はカード会社に現金化を疑われ最悪クレジットカード利用停止などの処分を下されるリスクも高くなります。
総合的には優良クレジットカード現金化を利用することをお勧めしますが、どおしても個人での現金化をお考えの場合は時間と労力を惜しまず、しっかり下調べしたうえで行うことが大事です。
また、お支払いは確実に遅れることなく支払い、カード会社への信用度を高めておく必要性も欠かせません。