クレジットカード現金化業者の電話対応での優良店の見分け方

クレジットカード現金化業者の中から優良業者を探す際、インターネットの評判だけでなく電話対応を元に優良業者を選ぶことも大切です
もちろん、電話対応は良いが営業内容が悪い会社も多々存在するため優良業者の見極めは難しく感じますがポイントは幾つかあります。
それではクレジットカード現金化業者の電話対応での優良店の見分け方のポイントとはどのような内容なのでしょうか?

非常に悪い電話対応の現金化業者


一昔前まで多くのクレジットカード現金化業者の電話対応は非常に悪くとて信用できる業者とは判断できない状況でした。
その要因としていわゆる闇金とよばれる貸金業からの業務変更や、闇金からの転職者が多く在籍する業者が多く存在したためだと思われます。
そのような業者が営業をできていた時代から新規参入業者が多く出店する時代に変わり、差障りの無い接客態度での接客を心掛ける業者が増え、先に述べた悪徳業者たちはお客をつかむことが出来ず廃業する流れへとなっていきました。
中には電話対応のみを教育することで表面上の接客態度を取り繕う業者も残ってはいます。
しかし、そのような業者の対応は敬語ではあるが言葉の端々がきつく攻撃的な言葉遣いが隠し切れない話し方となっており、長く話すにつれて敬語すら話せない付け焼刃が露呈される対応となっています。
このような業者は当たり前ではあるがホームページ上に条件の良い内容を記載されていようと信用度にかける業者であり、問い合わせをしても適当な返答での答えでありその返答内容に責任を持たない可能性もあります。
当然ですが申込対象外の業者と判断できます。

振込金額を明確にしないクレジットカード現金化業者


電話応対は非常に良いが問い合わせ者が一番気になる内容を明確に返答していただけない業者も多々存在します!
それらの業者とはクレジットカードが利用停止にならないかなどの一般的な質問には返答していただけるが、申込金額に対していくら手元にお金が振り込まれるかなど、肝心なお金のことに関しては何らかの理由をつけて返答しない対応となっており、返答しない理由としてあくまで買取代行業者のため実際買取をする業者からの返答次第との事や、決済をするカード決済会社が複数あるため、からかいでの問い合わせの可能性が有る為、決済担当部署と対応部が違うためなどの理由が多く、どの答えも理由としては明確な理由ではありません。
最近営業を始めた業者ならともかく数か月でも営業を行っている場合は上記での理由のほとんどは経験から返答が出来る事柄であり、何か第三者の確認が必要ならばそもそもその旨をホームページ上に記載するのが普通です。
ホームページには大きく88%~90%以上の還元率を記載しているにもかかわらず、明確な答えが出来ないこと自体、業者としての信用度は低くなってしまいます。
このような業者は身分証明書を送った後に振込み金額を伝える形をとり、ホームページ記載の還元率から20%近くもかけ離れた金額しか振り込まれません。
キャンセルすらできない業者も多く、キャンセルできたとしてもそのような嘘っぱち業者では身分証明書を悪用される危険性も伴ってしまいます。
申込する際には他のお金を扱う真っ当な業種と同じように明確な返答、金額を返答しない業者への申し込みは控えるべきだと言えます。
また、還元率の返答はあるがその他の手数料を伝えない業者も多く存在するため必ず手数料などを引かれないかの確認も必要となります。

不正利用対策を行うクレジットカード現金化業者


近年、詐欺などで入手した他人のクレジットカードや偽造カードを使用して現金化を行う犯罪が多くなってきました。
その犯罪の多くは事前に電話などで内容を確認してターゲットにできる業者か否かを確認した後に必要な書類などを偽装して申し込みをします。
そのような現状から、真っ当な営業方針の現金化業者は不正利用防止のため必要以上の質問に対しては返答を控える場合があります。
この必要以上の判断は問い合わせ者によって変わってくるため、より詳しい情報を収取したうえで申込をしたい人にとっては不満に感じられるかもしれません。
その際には確認したい内容の元となる不安要素は何かを伝えることが大事です。
まともな営業方針の業者は申し込みの際に不安となる質問には「不安を解決する形での説明」は行われるためです。
当然お金がいくら振り込まれるか、カードの利用停止にはならないかなどの説明は必ずされるもので、先にも述べたようにこの2点の正式な説明がない業者は申し込みは控える事をおススメします。
また、中には不正カードだろうが関係なく申し込みを受ける犯罪者の片棒を担ぐような営業方針の業者も存在します。
そういった業者は申込者の身元確認やカード確認すら行わないため申込者にとっては一見善良に感じますが、犯罪行為自体に抵抗を示さない業者であり不正行為自体を自ら行う可能性も捨てきれない業者と考えられるためおススメの業者ではありません。

まとめ


今ではクレジットカード現金化業者の電話応対も、当たり前の電話応対すらできない業者は生き残れない状況となっています。
また、通常一般社会と同様の電話応対が標準となっているため、電話応対さえ出来ていない業者は申込みを行う候補としては問題外と考えて間違いありません。
申込者が一番気になる金額面、安全面の返答が出来ない業者は不正利用につながる問い合わせ内容ではない限りは質問に回答するのが通常です
通常の質問や振り込まれる金額さえ明確な返答を行わない業者は優良業者とは判断できかねるため、申し込みは控えたほうが無難ではあります。