クレジットカード現金化業者の身分証明書確認とは

クレジットカード現金化を業者に申込する際、クレジットカードやカードローン申し込みの際に行われるような審査は行われません。
しかしお金を扱う業種である以上、申し込みの際に必要な書類があります。
それではクレジットカード現金化業者への提出書類はどのような書類が必要なのでしょう?

身分証明書の確認


キャッシュバック型業者・買取型業者共に身分証明書の提示が必要となります。
買取型業者は質屋さんやチケットショップ、リサイクルショップと同様に古物商許可を取り営業をしている店舗も多い為、法律上の規則に沿って身分書確認は義務付けられています。
キャッシュバック型業者も法律上の義務はありませんがお金を取り扱う業種上、本人確認の為の身分証明書確認を行います。
身分証明書は通常、写真付きの身分証明書の運転免許書や住基カード・マイナンバーカードを送るかたちとなりとなり、健康保険証は写真付いていないため追加資料として公共料金明細等などを求められる場合もあります。
写真付きの身分証明書としてパスポートも思い浮かべると思いますが、パスポートに関しては現在住所が手書きとなるため業者によって判断は変わるようです。
郵便局での荷物受け取りの際にはパスポートも身分証明書として認められ、荷物の受け取りも可能となっていますが一般的に国内で住所を含めた身分証明書確認の際には効力はない場合が多いため追加資料を求められる場合もあります。
また、社員証明書などは公的機関から発行されたものでは無いため身分証明書とは認められません。
健康保険証の場合の公共料金明細確認ですが最近ではレンタルビデをショップの会員作成の際やネットカフェの会員登録の際でも必要となっています。
近年、身分を偽って行われる犯罪行為が多くなってきているため身分証明書の確認に関しては世間一般的に厳しくなってきているようです

身分証明書送付方法



身分証明書の送り方は身分証明書を写真撮影した画像をメールで送る方法と身分証明書のコピーをファックスで送る2種類が主流となっています。

近年、携帯電話で写真も鮮明に撮影できるため、携帯電話で撮影した画像をメールで送る方法をとっている業者が多いようです。
また、不正利用防止のため撮影画像の加工したものは受け付けない業者も多いようです。

クレジットカードの確認


身分証明書と同じようにクレジットカードもメール又はファックスで多る必要がある業者は多いようです。
こちらも不正利用が多いため申込者本人のクレジットカードかを確認するためとなり、業者によっては表面のみ送る業者と両面を送る業者に分かれるようです。
しかしクレジットカードの裏面(AMEXカードは表面)には3桁のセキュリティーコードが記載されています。
こちらのコードが分れば簡単に決済が可能なため、このセキュリティーコードを隠し送ることを拒否する業者には気を付ける必要があります。
クレジットカードの提示が必要のない業者も存在しますが、不正利用などの詐欺行為が多い近年ではクレジットカードの確認は通常営業を行っている会社では最低限の不正利用防止策であるため提示が必要でない業者は通常の業務を行っているか疑問に感じてしまいます。

まとめ


最近のニュースでも詐欺グループが他人のクレジットカードを使い現金化を行った報道がありました。
会社として現金化を行う業者ではそのような犯罪行為に利用されないように身分証明書やクレジットカードの確認を慎重に行うようになっているようです。
裏返せば身分証明書やクレジットカードの確認を行わない業者は犯罪行為での使用であっても自社の利益になれば現金化を行う反社会的な業者とも言えます。
また、そのような業者が通常であり、身分証明書やセキュリティーコードを隠して送るクレジットカードですら送る必要ないと謳うクレジットカード現金化口コミサイトなどの信憑性は低く、そのサイトから紹介される業者には十分気を付ける必要があります!
通常の営業をしている業者での現金化を行う以上は身分証明書やクレジットカードの提示は必要となりますが、提示する以上、信頼できる業者を選び、安全面を確認したうえで送る事が重要となります。