新幹線回数券でのクレジットカード現金化は危険なのか?

クレジットカード現金化を考えた事のある人なら「新幹線回数券をクレジットカードで購入するとカード利用停止になる」等の記事を見かけたことがあると思います。
多くの記事はクレジットカード現金化業者の広告的サイトで見かけられる内容ではありますが、中には生活情報サイト的なサイトなどでも記載されいることもあり、実体験での口コミなどとして一例をあげているものも確認できます。
そもそも新幹線のチケット類はみどりの窓口や自動発券機でクレジットカードでも購入できるようになっているにも関わらず、購入を行うとカード利用停止になると言うのはおかしな話ではあり、実際に回数券を購入すると利用停止になる情報源が気になるところではあります。
偏った深読みを行うと、クレジットカード現金化業者やカードローンのアフェリエイター等が新幹線回数券での現金化を考えている人達を自身の店舗(広告先)に集客するために流したガセ情報とも考えることができます
その様な疑問を含め、当サイト管理者自身が経験した情報等を交えて新幹線回数券でクレジットカード現金化が行えるかについて紹介いたします。

回数券の購入方法


新幹線の回数券は普通車指定席に乗車できる6枚セットの券であり、必要な区間を選び購入することが可能で、東京~新大阪間で82,140円となっており、1枚当たりは13,690円と通常の指定席購入が14,450円の為、少しお得な券となっています
緑の窓口や自動発券機で購入が可能となっており、それぞれクレジットカードで購入することが可能です!
JRカードやビューカードの場合は分割やリボ払いでも購入が可能となっていますがそれ以外のカードの場合は基本一括支払いとなっています。
また、購入する駅から離れた区間では購入が出来ない場合もある為、東京~新大阪間の回数券を購入する場合には東京駅、もしくは新大阪駅に設置されたみどりの窓口や自動発券機で購入する必要性が有ります。

新幹線回数券は換金性が高い

新幹線チケット
新幹線の回数券を安く購入したい方がまず思いつくのが金券ショップ等で購入する手段です!
新幹線が止まる主要駅近辺でよく見かける金券ショップの多くでは若干割安の値段で販売されており、人気の商品の一つと言えます。
多くの金券ショップはどのように新幹線回数券を仕入れているかと言うと、言うまでもなく買取り希望者が持ち込んだ回数券を90%前後の金額(高いところでは95%程の店も存在します)で買取りを行っています。
先に換金率を記載しましたが、人気の商品でありことから換金率は、どの現金化の方法よりも高く買い取ってもらえるのが特徴であり、換金性が高い商品であることから昔から現金化を考える人たちに利用されてきたアイテムと言えるでしょう。

クレジットカードで購入した際のカード会社の対応は

クレジットカード
まず、当サイト管理者の経験を紹介すると、東京~大阪間を頻繁に往復していた時期に現金化目的ではなく、実際に利用するために自動発券機で購入でしたが、購入は出来ず、5分ほどでクレジットカード会社から電話が掛かり、なぜ回数券を購入しているかの説明をさせられる羽目になりました。
非常に細かな質問を受けたことを覚えていますが、仕事で長期出張中にプライベートで往復するために購入したため、会社の経費として購入するのかや、プライベートなので経費ではないことを伝えると、なぜ回数券の購入なのか等をこまごま説明した上、結果的には1回のみ購入することが認められ、改めて自動発券機で購入することが出来ました。
その際、換金性の高い商品の為、確認の電話をしたことや、次回以降は購入できない旨を念を押して説明されました。
インターネット上の情報でも同じような内容が記載されているサイトも確認できるため、カード会社から確認の電話がかかってくる、又は安全のためのセキュリティーが掛かり、ご自身でカード会社に電話をかけてセキュリティーを解除する(その際に質問を受ける)ことは必ず必要と考えたほうがいいでしょう!
また、その際に勧められたのは定期券であり、定期券ならば毎月購入することも可能との説明を受けました。

カード利用停止にはなるのか


結論から答えるといきなり利用停止になることは少ないでしょう!
勿論、クレジットカード会社からの電話を受けた際に「現金化を考えていた」等と答えてしまうとカード会社の規約違反の為、カード利用停止になる可能性は否定できませんが、明確な説明が出来た場合にはいきなり利用停止になることはありません。
また、クレジットカード会社によって対応は変わると思いますが、流通や交通機関系のvisaやmasterカードならば、明確な購入理由の説明が出来た場合ならば数回購入も可能だと思います。
ただしJCBカードやAMEXカードに関しては事前承認を必ず行った場合でも購入が出来ない確率は高いようです。
また、自身の経験では、その後、新幹線回数券を購入したカードでは高額商品を購入するたびにセキュリティーが掛かってしまう事となりました、他のカードでは問題なく購入できるAmazonギフト券も1回の購入が3万までの制限もかけられ、全体的に現金化を疑われている扱いを受けるようになり使い勝手も悪くなったため(実際に現金化も出来なそうなため)、結果的には支払いを済ませて解約を行う流れにはなってしまいました。

まとめ

当サイトでも新幹線の回数券をクレジットカードで購入することはリスクがある行為であり、最悪の場合には利用停止になる可能性が有ると記載している記事もありますが、利用停止になる場合は複数の意要因が重なった場合であり、必ず停止される訳ではありません。
しかし、リスクは伴っている行為の為、カード会社からの電話が掛かってきた際に明確な答えが出来ず、あやふやな答えをしてしまうと利用枠の減額や制限をかけられてしまうこともあり、おすすめできる現金化方法ではありません。
結論として明確な購入説明が出来ない状況で新幹線回数券をクレジットカードで購入すること後のカード利用にも悪影響が出ることもある為、控えるべきであり、現金化を行う場合はより安全な方法で行う事をおすすめします。