クレジットカード現金化の審査とは?

インターネットでクレジットカード現金化を検索すると関連する検索ワードとしてクレジットカード現金化 審査と言う関連キーワードが表示されることがあります。
審査と言う言葉が関連キーワードで表示されるということは、クレジットカード現金化には審査が必要となるのでしょうか?

現金化の方法

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化は個人で行う場合と現金化業者を通じて行う場合の2種類があります。
どちらの方法もお手持ちのクレジットカードを使用し、クレジットカードのショッピング枠を使い商品を購入して転売をする、又はキャッシュバックで現金を受け取るため決済を行うものとなります。
したがって今現在、所有しているクレジットカードを使用して現金を手に入れる方法ですので新しくクレジットカードを作る事や、消費者金融や銀行に融資を行ってもらう時のような審査は存在しません。
当然、クレジットカード審査のように現在の収入や家族構成などを申告する必要はありません。
また、当然のことですが勤務先への在籍確認などは行われません、このような在籍確認を行う会社には気を付けたほうが良いと考えられます。
しかし、クレジットカード現金化業者を通じて現金化を行う場合には身分証明書やクレジットカードを提示する必要があります。

身分書による本人確認

身分証明書
クレジットカード現金化業者には大きく分けて2種類の業者が存在します。
申込者に指定商品をクレジットカードで購入してもらい、その商品を買い取る形の買取型と価値の無い商品をクレジットカードで購入することにより、その価値の無い商品へのキャッシュバックとして申込者に現金を払うキャッシュバック型の2種類です。
前者の買取型業者は町の質屋さんやリサイクルショップ、チケットショップと同じ古物営業法で管理される業種となります。
その為、各都道府県における公安委員会からの古物商の許可を受けており、その古物営業法に基づき対象商品を買い取る際には販売者の身分証明書を確認する義務が生じます。

厳密にはAmazonギフト券のEメールタイプを取り扱う店舗の場合、AmazonEメールギフト券は形ある物では無い為、古物商の許可は必要ありません

この身分証明書を確認することを怠った業者はもちろん法律で罰せられるため、法律に基づきクレジットカード現金化を申込者からも当然身分証明書を確認する作業は必要なわけです。
一方キャッシュバック型の業者に関しては法律上、身分証明書を提示する必要性はありません。

クレジットカード所持の確認


クレジットカード現金化業者の中には使用するクレジットカードを提示する必要がある業者も存在します。
買取型の現金化業者も法律上で確認義務があるのは身分証明書だけのため、クレジットカード提示の必要性に疑問を抱く方も存在すると思いますが、クレジットカードの確認をする理由はキャッシュバック型業者が身分証明書を確認する理由と同じ理由となるようです。
クレジットカードを確認する理由は不正利用防止のためです。
近年、他人のクレジット情報を抜き取り偽造カードとして利用する組織犯罪や個人でも他人のカードを盗み利用する等の犯罪が増えてきています。
その方法は多様となりクレジットカード会社自体も不正利用防止のためにセキュリテー強化などに取り組んでいる状況です。
そのような犯罪組織や他人のカードを勝手に使用しようとする者たちが手っ取り早く現金を手にする方法として現金化業者を利用することが増えたため
現金化申込者が所有している自身のクレジットカードを確認する作業が必要になったようです。
しかし、一つだけ注意する点は、クレジットカードを提示する際にはかならずカードセキュリテーコードは隠して提示する必要があります
このカードセキュリテーコードを隠すことを拒否する業者には気を付けたほうが良いでしょう。
また、クレジットカード所持を確認していない業者は偽造などのリスクを解除するため、その業者に申込者が決済した金額が手元に入るまで、または購入商品の転売が完了するまで申し込み者に送金は行わないため、申し込みから実際お金を手にするまでに時間がかかるようです。

まとめ


身分書、クレジットカードの提示は業者によって様々です。
しかし、現状の犯罪やトラブル回避のため最低限の確認をしている業者は決して特別な業者ではなく、どのような申込者でも確認をせずに申し込みを受け入れる利益が上がればOK体質の業者はあまり信用できる業者と言えません。
むしろ犯罪に加担している業者とも判断できる場合もあります。
本人確認をする上で安全面を確保する形で身分証明書などを提示する業者を探し、申し込む必要があります。
クレジットカード現金化での審査はないが本人確認は必要と認識してください!