クレジットカード現金化2つの方法

現在、多くのクレジットカード現金化業者が営業を行っていますが、クレジットカード現金化の方法自体は大きく分けて商品買取り方式とキャッシュバック方式の2種類の方法に分かれます。
それではこの2種類のクレジットカード現金化方法である商品買取方式とキャッシュバック方式の違いはどのような違いがあり、それぞれの特徴やリスクは存在するのでしょうか?

商品買取り方式


書いて字の如く、クレジットカードのショッピング枠を使い業者指定の商品を購入して現金化業者に買い取ってもらう方法です。
簡単に説明すると街中で営業をしている質屋やリサイクルショップ、チケットショップと同じ形となります。
買取り型業者は質屋と同じように古物商許可を取って営業しています。
(Amazonギフト券のEメールタイプを買取る業者の場合には厳密には古物商許可は必要ないようです)
基本、古物商許可を持っている業者が商品価値のあるものを買取することは法律上、なにも問題は有りません。
この買取自体が問題があれば町の質屋やチケットショップはすべて摘発されてしまいます。
しかし、町の質屋やチケットショップと違う点は確実に現金化業者が転売できる商品を申込者に指定して買取をすることです。
いらなくなったブランド品や使用しないチケットを買い取ってもらうのではなく、現金化を前提としてクレジットカードで現金化業者に指定された商品を購入するわけです。
この現金化目的での商品の購入に対してクレジットカード会社は利用規約で禁止しているため、万が一クレジットカード会社に発覚した場合は利用枠の制限や利用金額を一括返済する必要に迫られる場合もあります。
しかし、実際のところクレジットカードで何を買ったまではクレジットカード会社には正確なデータが届くわけではなく、またどのように使用するかまでは断定できないため、新幹線チケットのように販売先が明確に判断できない場合はクレジットカード会社に現金化が発覚する可能性は極めて低くなっています。
現金化業者が指定する商品としては家電製品などを指定する業者も存在しますが家電商品指定の場合は商品の受け渡しなどに時間が掛かってしまうため近年ではメールでの受け渡しが可能なeメールタイプのギフト券を指定して買い取る業者が増えています。

キャッシュバック方式


キャッシュバック型とはクレジットカードで商品を購入する点では商品買取型と同じですが、購入する商品は買取型と違い商品自体に価値の無い商品を購入することにより、購入した商品への特典と言う形で現金を申込者に振り込むというものです。

買取り型と違い現金化業者自体が申込者より買い取った商品を転売することはないため、クレジットカード決済自体で利益を出す営業スタイルです。
キャッシュバックという仕組みは携帯電話の買い替えなどでよく耳にします法律上、商品代金以上の現金をキャッシュバックすることに違法性はないのでしょうか?
商品を購入した際の特典であるキャッシュバック!法律的には景品表示法と言う法律で決められています。
この景品表示法の内容では商品の10%を超える景品は付けてはいかないこととなっています。
この法律で考えるとキャッシュバックは違法となってしまいますが法律には例外があり、消費者全員が対象でのキャンペーンとしてなら10%以上での景品も可能となっています。
キャッシュバック型の業者はこの法律を前提として違法性のない経営と説明をしています。

キャッシュバック型業者の逮捕


キャッシュバック方式は景品表示法上違法ではないため法律上では違法性のないクレジットカード現金化方法と言う見解からキャッシュバック方式業者ですが、このキャッシュバック型現金化業者から数年前に逮捕者が出ました。
この業者は価値のない商品を販売することにより特典として現金をキャッシュバックする方式で営業していましたが、実際その価値のない商品すら利用者に送付していない状況かつ利用者に正確な振り込み金額を提示しないなどの悪質な経営方針のため出資法違反と言う形で逮捕されています。
価値のない商品でのキャッシュバックに関してキャッシュバック業者は景品表示法上違法ではない見解での営業方針ですが、消費者庁の見解ではクレジットカード現金化は景品表示法に当てはまらないとしています。
そのためクレジットカード現金化の方法としてのキャッシュバックを景品表示法上での合法性で説明することは無理があります。
しかし側面でとらえれば正確に違法だと罰することもできない状態ではあります。

クレジットカード現金化2つの方法まとめ


大きく分けて2種類に分けられるクレジットカード現金化の方法ですが、過去の逮捕事例や現状での法律では違法と言い切れない一方、違法性がないとも断定できないキャッシュバック型現金化業者より、法律上違法と言えない買取型業者での現金化の方がトラブルに巻き込まれる心配も少なく、安全だと考えられます。