世間でのクレジットカード現金化への見解を読み解いてみる

何度も記載している内容ではありますが、クレジットカード現金化は世間ではグレーな現金入手方法であり、その行為を行うクレジットカード現金化業者はグレーな職種と判断されています。
世間でグレーと判断される現金化も、判断する立場によっては白寄りや黒寄りと細かな判断は様々であり、その立場や背景によって判断基準や捉え方に違いもあるようです。
インターネット上で紹介されるサイトを読み解いていくと、純粋に利用者を守るために作られたサイトや、背景に別の目的があり現金化への見解を記載するサイトなど、様々なパターンがある事に気が付きます。
その為それぞれ立場から見た世間でのクレジットカード現金化への見解を読み解いてみたいと思います。

一般的なクレジットカード現金化への見解


一般社会でのクレジットカード現金化への見解はグレーな手段であり業者に関してはグレーな職種であることで間違いありません。
その理由はクレジットカード発行会社は明確に利用規約にショッピング枠を利用した現金化を禁止しているためです。
クレジットカードの利用方法として明確に禁止している行為を行う事は明らかに違反行為ですが、このクレジットカード現金化は法律上では違法と断定できない為、ブラックではなくグレーと言う見解が世間でも広がっているわけです。
この発行元は禁止しているが、利用者がルールを守らず別の用途で使用することはクレジットカードに限らずよくある事であるにも拘らず、クレジットカード現金化に関してはお金に関わる事柄と言う事や、実際に利用した人達の中で支払いが行えず、最終的に債務整理や自己破産に追い込まれてしまう方たちがいるため、生活弱者を生み出してしまう方法と言うことで他のルール違反とは違った見方をされている側面もあります。
また、クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者も存在しており、最悪の事例として申し込みをしたがお金が振り込まれないや、個人情報を横流しされる等の被害も存在したため、よりブラックに近い認識をされているのも事実です。
富裕層とまで断定しなくとも中流家庭で生まれ育ち、平均的な給料をもらい、しっかりと貯蓄や支払い計画の中での借入を行っている方達にとっては違反行為を犯してまで現金を手にする行為自体が現実味がなく、日常生活の中でその様な人達とも接点がない場合にはクレジットカード現金化と言う行為自体が愚行な行いで反社会的な行為と見てしまうのも正直な見解だと思い、この人達からするとクレジットカード現金化はグレーではなくブラックな行為と判断しているとも考えられます。

インターネット上での見解と記事サイトを作る理由


インターネット上で「クレジットカード現金化は危険な行為」と記載するサイトは幾つか存在します。
消費者庁やクレジットカード会社が作るそのようなサイトの存在意味は、純粋にクレジットカード現金化を行う事によって「トラブルに巻き込まれない為」や「自己破産者を新たに出さない為」等の注意勧告であり、それ以外の背景は通常はありません。
しかし、消費者庁やクレジットカード会社、おまけまで加えると弁護士などからなる支援団体のサイト以外で「クレジットカード現金化は危険な行為」と記載するサイトは単純な注意勧告サイトではない物も多く存在します。
そのようなサイトを読み進んでいくと結局はカードローンやキャッシュカードのアフェリエイトサイトであったり、弁護士事務所が債務整理など受け付けますと言う、いわゆる広告サイトであり、その文章は事実の内容もあれば広告先に誘導する目的から事実を脚色した内容まで様々です。
いわゆるキャッシングや政務整理などへの誘導サイトでは当然ながらクレジットカード現金化はグレーな表現ではなく、法律上でも見解を変えればアウトであり、ブラックな行為として記載され、法律的に問題の無いキャッシングやカードローンをおすすめする記事になっています。
実際にはクレジットカード現金化を検討している人達の多くはキャッシング等の審査が通らないため、広告としての効果は少ないとも思いますが・・・
ここで例を挙げたサイトの場合はアフェリエイト広告売上が目的であり、事実を脚色した内容が記載されている場合でも、決して危険なサイトではありません。
しかし中には闇金業者等の完全にアウトな業者への誘導を行うために作られたサイトも存在している可能性が有る為、サイトから紹介される消費者金融などで、あまり聞き覚えの無い業者の場合は注意することも忘れてはいけません。

クレジットカード現金化業者の見解

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化業者が運営する紹介サイトなどでも当然現金化に関しての見解は記載されています。
当然これらのサイトはグレーではあるが法律上問題ないことを前面に出しています。
買取り方式とキャッシュバック方式による違いによって、おすすめするする業者とは違う方式に関しては違法性が高いと記載している場合もありますが、総合的には良いイメージで記載しているサイトが多いようです
クレジットカード現金化を検討している人達を自社に誘導するためのサイトであるため、グレーではあるが利用者にはリスクが少ないと伝えることは一つの方法ではありますが、実際に逮捕された業者がいることや、クレジットカード現金化を行う事のデメリットを記載していないサイトの情報は、売り上げに固執した業者が運営するサイトと判断でき、それらの記事内容を鵜呑みにすることはおすすめ出来ません。

まとめ

立場やサイトを運営する目的によってクレジットカード現金化への見解は様々であり、一般社会でも同じような事例は少なくはありません。
商品販売元が禁止している使用方法で商品やサービスを利用することもクレジットカード現金化に限ったことではありません。
また、法律上は違法な行為でも世間の流れの中で認められてしまっている事や、法の解釈の違いでグレーゾーンのではあるが、良してしている事柄も複数存在しています。
消費者を守る目的で決められた総量規制に関しても実際には貧困層を守るより苦しめる内容になってしまい、別手段で現金を手に入れる方法に移行させてしまう結果になってしまいました。
クレジットカード発行会社に関しても支払いの立替サービスが目的ならば、リボ支払いなどの機能は無くして一括や数回での分割払いのみでのサービス提供でも良いはずです。
あくまでもリボ払いを行う理由は利用者を増やし、金利での儲けを作り出すためであり、それらのサービス自体がカード破産などに導いている要因でもあります。
お金に関わる業者の場合には法律上での違法か合法化の判断基準以外で、そのサービスを決めつけることは困難なことだと思います。
そのサービスで救われる事や、ゆとりのある優雅な生活が送れる人達がいる一方で、借金により苦しみが増してしまう人達もいるのが現実です。
クレジットカード現金化への見解も同様であり、その利用方法やその後の返済計画によってサービスによって助かる人も、より困難な状況に陥る人も存在します
それらの状況により見解も同じく変わってしまいます。
ただし大前提は他の方法で現金を工面できる場合にはおすすめしない行為であり、業者の中には悪徳としか言えない業者も存在する、リスクのある行為であることから、けっして万人におすすめできるような行為ではないことだけは明らかです。