Amazonギフト券買取業者は古物商の営業許可書は必要なのか?

インターネット上でAmazonギフト券買取方式の業者に関して、優良業者や悪徳業者と紹介を行うサイトで良く見かける内容が古物商許可を取っているか否かと言う内容です。
これらの記事を見るとAmazonギフト券買取型クレジットカード現金化業者の中で 古物商番号をホームページ上に記載していない場合、無許可営業と判断できるため悪徳業者の可能性があると記載されているものが大半を占めています。
それでは実際にAmazonギフト券の買取には古物商の営業許可は必要なのでしょうか?

古物商許可とは

古物商許可書
古物商法と聞くと質屋さんをまず思い浮かべると思いますが法律上ではこの古物商許可が必要とされるのは「古物」を「業」として販売する場合に限るとされています。
古物の定義として「1度使用された物品、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう」とされておりますが、簡単に解釈すると、使用した物や使用されていなくても売買や譲渡が行われたもの(いわゆる「新古品」)がこの許可の対象物となるようです。
業とは商いを意味しており「利益を出そうという意志があるということと、ある程度の継続性がある」事を指しています。
その為、個人でフリーマーケットやヤフオクなどで販売する場合、「この利益を出す」は大抵の場合には値引きをしての販売となることと、継続して販売していると判断できない為、古物商許可は必要ではありません。
逆に考えると、利益を生むシステムで継続的に販売を行っている場合にはフリーマーケットやヤフオクでの販売であっても古物商許可は必要になるわけです!
この古物商許可は警察(公安委員会)から発行されるため、営業所の所在地を管轄する警察署に申請を行い、無事に申請が通ると許可書が発行されます。

古物商許可番号データベース


古物を売買する業者は、運営しているホームページを用いて取引する場合には、古物商許可の取得とともに、公安委員会へ当該ホームページのURLを届け出なければなりません。
この届出は公安委員会のホームページに『ホームページを利用して古物売買を行う古物商』等として、名称・許可番号とともに公開されます。
しかし、このデータベースには古物商許可を取得した業者すべてが登録される訳ではありません。
古物商許可を取得した業者であっても営業形態や取り扱い商材によってはデータベースに登録され無いこともあり、このデーターベースに登録されていないイコール古物商許可がない違法業者とはならないようです!
実際に古物商許可を持っているか否かを確認したい場合には直接警察署に問い合わせると確認することが可能です

Amazonギフト券Eメールタイプは古物に該当するのか


Amazonギフト券には幾つかの種類があります。
コンビニなどで販売されるカードタイプや印刷を行う物などですが、インターネットで商いを行う無店舗型クレジットカード現金化業者が買取を行う種類はEメールタイプが主流となっています。
このEメールタイプのギフト券はAmazonからメールで発送されるタイプであり、メール本文中にギフト券番号が記載されており、このギフト券番号をご自身のAmazonアカウントにより登録を行う事で金額分の買い物が行えます!
通常のギフト券(いわゆる金券)に関してはそのギフト券自体の受け渡しがあることで使用(商品購入)することが可能です
そのためギフト券自体に価値があり、ギフト券自体が手元にない限り使用することはできません。
このように実態がある通常のギフト券を買取販売する際には当然、古物商許可は必要になり、古物商許可がく売買を行う事は古物商法に違反していることとなります。
一方、Eメールタイプのギフト券は先にも紹介したように、送られてきたメールに記載されたギフト券番号を自らのアカウントに登録することで商品購入が可能になる為、形の無いギフト券番号自体に価値があり、番号登録された後のメール自体には価値はなく、手元に実物として何も価値ある物体が残らない事となります。
その為、このような番号に価値がある物が古物に値するかと言う見解は現在のところは古物に該当されないと判断されるようです。
古物商に関する法律自体が古く、現代のように電子マネーを想定に入っていないことがこのような見解になる原因であり、今後、Amazonギフト券でのトラブルなどが多く起こることがあれば見解の変更や法律自体が改正されることも考えられます。

まとめ


買取方式でのクレジットカード現金化業者の中で主流であるAmazonギフト券買取り業者への評価をインターネット上で確認すると、古物商許可が取られているかや、データーベースに登録されているか否かで悪徳や優良と言った判断をすることが多いようです。
しかし実際にはAmazonギフト券のみの売買には現状では古物商営業の営業許可は必要ではなく、営業許可を取っている場合にも必ずデーターベースに登録がされるわけではありません。
勿論、今後この営業許可に関して法律や見解が変わる可能性もある為、営業許可書を持っているクレジットカード現金化業者の方がより安全と考えることは出来ますが、この古物商の営業許可書が在る無しだけにとらわれ、安易に現金化業者を選ぶことはおすすめしません。
古物商の営業許可書が在る無しにかかわらず、クレジットカード現金化業者を選ぶ際には様々な視点で判断を行い、申し込みをすることをおすすめします。