個人事業主の資金調達にクレジットカード現金化はおすすめなのか?

飲食店や衣料品販売店舗、最近ではインターネットを駆使したビジネスなどを法人化せずに個人で営む個人事業主!
その個人事業主に資金調達手段としてクレジットカード現金化をおすすめするサイトが多く存在します。
事業の資金調達としては様々な方法が存在しますが、個人事業主にとって現金化はおすすめできる資金調達手段なのでしょうか?

金融機関や日本政策金融公庫からの借入

金融機関や日本政策金融公庫からの借入
事業資金としてまず頭に浮かぶ方法は民間金融機関である銀行や信用金庫からの借入だと思います。
銀行からの融資は低い金利での借り入れが可能であり融資額も大きく借入することができます。
また、日本政策金融公庫からの借り入れは中小企業や個人事業主にとって民間の金融機関よりも安い金利で借り入れられ、長期返済も可能なため大きな資金が必要な方に一番おすすめの方法といえます。
しかし、日本政策金融公庫や民間金融機関からの借り入れには審査が当然あり、融資を受けるためには事業計画者などの提出資料も必要にであるため簡単に借入ができるわけではありません。
資金の使い道も決められてしまい、融資内容と違う資金の使いかたをした場合には一括返済などを迫られる場合もあります。
また、申し込みから融資されるまで時間もかかるため、緊急に資金が必うような場合には不向きであり、あくまで事業全体を見据え時間をかけて計画的に借入する方法です。

ビジネスローン・カードローン


銀行などの金融機関から融資を受けれない場合や緊急な資金調達のためにビジネスローンやカードローンなどがあります。
個人での借入とは違い貸金業法の総量規制の例外として借り入れ可能なビジネスローンや事業者向けカードローン、特に銀行系のローンは融資と違い使用目的もフリーでの借り入れが可能なことや申し込みから審査完了までの時間も短いため追加資金調達のためには合理的な方法といえます。
審査に関しては銀行や公的融資の場合には数週間から数ヵ月は時間がかかるのに対して、ビジネスローンや事業者向けカードローン数日で融資可能なものもあり、急ぎの資金調達にはもってこいの方法ともいえます。
デメリットとして銀行融資などと比べると金利が高いことや審査がそれなりに厳しいことです。

審査の内容に業績も含まれる傾向にあるため営業年数が短い個人事業者の場合には審査を通ること優しくはありません。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化を業者を通して行った場合、決済金額の20~30%を業者に差し引かれます。
この20~30%差し引かれる金額は銀行などからの融資やカードローンでの金利と比べると大変割高ではあり、正直なところ他の融資を受けれる場合には先に紹介した借り入れ方法での借入がベストだと思います。
しかし急に資金が必要な際や金融機関からの融資が下りるまでの繋ぎの資金調達として一時的に借り入れる方法としては急ぎで現金を手に入れることのできる方法としておすすめはできます
また、手持ちのクレジットカードを利用するため他の借り入れ方法とは違い審査がないため、利用枠があれば確実に現金を手にすることができることもメリットの一つといえるでしょう。

まとめ


個人事業主の資金調達方法としてクレジットカード現金化は決して最良な方法とは言えません。
他の一般的な方法での借入が可能な場合や時間にゆとりがある場合にはおすすめできる方法では決してないのです。
しかし、急ぎで現金が必要な場合や難易度の高い審査を通過して借り入れができない状況下では、一時的資金の調達方法としてクレジットカード現金化を選択肢の一つとして考えても良いと思います。