楽天カードの特徴と現金化を行う場合

クレジットカードの中でも毎年のように顧客満足度調査の上位にランクインされる楽天カードは、クレジットカードの中でもベターな一枚となる存在です。
顧客満足度調査の上位の一方、批判されることも多いカードではありますが、ポイント還元率や溜めたポイントの使い勝手が良いこと、申し込み審査が優しいことからメインのクレジットカードとしてお持ちの方も少なくないはずです。
今回は満足度が高いが批判的な記事も多くみられる楽天カードに関して審査基準や利用上の注意、クレジットカード現金化に利用する際の注意点などを纏めてみました。

楽天カードの申し込み審査基準

楽天カード
ネットモールである楽天市場で有名な楽天株式会社が100%株主となっている楽天カードは、ネットバンクである楽天銀行が系列ではあるが流通系クレジットカードに分類され、その審査基準は銀行系や信販系クレジットカードに比べて優しい審査と言われています。
楽天カードの公式サイト内に記載されている入会条件は

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

となっており、入会条件だけで判断すると、18歳以上の高校生以外は申し込み可能であり、その職種は問われず、本人の収入がない主婦であっても作ることも出来るカードとなります。
実際に年収100万程度のフリーターや大学生、専業主婦や年金受給者でも作れた情報がインターネット上にもたくさん出ている為、他のクレジットカードでは重視されることが多い、勤続年数や年収への審査は優しく、継続的に支払いが可能と判断されれば審査は通過するようです。
基本、申込者のクレジットヒストリーに傷(債務整理や延滞など)がなく、他社の借入額が極端に高くない限りは、専業主婦や年金受給者でもことができるカードです。

カードの特徴


楽天カードの特徴としては審査が優しいことや、ポイントが貯まりやすいことが良く上がられますが、それらのメリット的な特徴の他にデメリット的な特徴として使用状況には厳しいカードという一面があります!
ポイント還元率が良く、貯まりやすさや使い勝手も良いこと、年会費が掛からないことなどから、現在では多くの層に普及してきているクレジットカードの一つではありますが、その審査の優しさから所得の低い層に人気のクレジットカードであることに変わりわなく、クレジットヒストリーに傷が無ければとりあえず発行するスタンスであることから、発行後の利用状況が悪い場合には強制退会の処分になる場合があるようです!

安全確認

楽天カードの安全セキュリティーは他の多くのクレジットカードとあまり変わりはないようです、急な高額の買い物の際にはセキュリティーが掛かり、電話にて本人確認を取らない限り、セキュリティーは解除されず利用は出来ません。
また、事前の安全策として3Dセキュアに登録を行う事で、インターネット決済の場合には3Dセキュア専用の暗証番号が必要となり、なりすましなどの不正利用を防ぐことが可能となります。

利用停止となる場合

先にも記載した内容ではありますが、楽天カードは利用状況によっては退会処分(利用停止)になりやすいクレジットカードです。
支払いが遅れた場合や楽天カード以外の借入額が増えた場合、場合によっては利用枠の増額申請を行った場合などに、他のクレジットカードの場合は利用枠の減額や一回での決済金額の制限などの緩やかに処分が下される内容でも一回で退会処分(利用停止)になることもあるようです。

楽天カードをクレジットカード現金化に利用する場合の注意点


楽天カードを利用して現金化を行う場合、利用手続き自体は他の一般的なクレジットカード同様の注意点と変わらず、事前に利用できる金額を確認する、セキュリティーが掛かった場合には速やかにカード会社に連絡を行い解除を行う事となりますが、カードの特徴上、支払いは必ず送れずに行う事は勿論、カードの利用枠を上げてまで現金化を行う事は避けたほうが良いでしょう。

支払いを送れないことは楽天カードに限ったことではありませんので他のクレジットカードは大丈夫と言う事ではありません。
クレジットカード現金化を行う場合、支払い計画はしっかり立てて行う事は大切なことです!

まとめ

楽天カードは審査も優しく、ポイントなどのメリットも魅力的なクレジットカードです!
利用状況に厳しい一面もあるようですが、間違った利用を行わなければ有意義に使用できるクレジットカードであり、現金化での利用時もポイントが貯まりやすいなど、少しプラスな一面もある一枚です。
長くセカンドカードとしても持っておきたいカードの為、利用状況には気を付けることが大切です。