借入金額が年収の3分の1以上でクレジットカードを追加で作るためには

お金を借りする方法は様々な方法がありますがが、すべての方法で借り入れできるか否かの審査は申込者の信用によって結果が変わります。
その信用度に対して融資を行う基準は会社によって違いがあり、消費者金融などは優しく、銀行や信用金庫などになると審査は厳しくなります。
クレジットカードを申し込む際にも同じように信用審査や申込者の現状を確認して発行を行うか否かを判断します。
こちらもカード発行会社によって審査基準は異なりますが、信用情報機構に悪い履歴(いわゆるブラックリスト)が付いている状況では新しくクレジットカードを作る事や、手持ちのクレジットカードの利用限度額を増やすことはできません。
また、貸金業法の重量規制によって年収の3分の1を超える現金での借入は出来ない今ではクレジットカードを新たに作ることも困難ではあります。
それでは借入金額が年収の3分の1以上でクレジットカードを追加で作る事は可能なのでしょうか?

クレジットカード現金化で現金を手にする金額を上げるには


クレジットカード現金化は手持ちのクレジットカードのショッピング枠を利用して決済を行います。
クレジットカード現金化が指定する商品を購入して現金化業者に買取ってもらうか、指定商品を購入したキャッシュバックとして現金振り込んでもらえるシステムであり、その利用には審査はありません。
しかし、審査が無いイコール、無限に現金を手にすることが出来るサービスではなく、クレジットカードのショッピング限度額内でのみ行えるサービスであるため、当然のことながらクレジットカードのショッピング枠が無ければ現金化を行うことは出来ません。
また、現金化で手にすることができる最大金額もショッピング枠内で利用時に残っている利用枠内での金額であり、その金額から業者に差し引かれる金額を引いた金額が手元に入るわけです。
クレジットカード現金化によって手にすることが出来る金額を増やすためには、優良店舗を探し出し少しでも高い還元率や換金率である業者を探し出すことが一番早方法ではありますが、こちらは手持ちのクレジットカードでの利用枠内での差異であり、利用できる金額を上げることではありません。
大きな金額を手にしたい場合には複数枚のクレジットカードを利用するか手持ちのクレジットカードの限度額を引き上げてもらう必要性が有ります。
元々、複数枚のクレジットカードをお持ちの方ならば問題ないのですが、新たにクレジットカードを作ろうとした際には当然の事ながら申し込み審査が有るため、信用情報に傷がある場合やご自身の借入状況によっては新たなカードが作れない事もあります。
年齢や収入によっても審査に通るか否かは変わってきますが、ご自身の出来る事として現在利用しているクレジットカードやカードローンのお支払いを遅れることなく、しっかり支払いを行っていくことが自身のクレジットヒストリーを上げる手段です。
自身のクレジットヒストリーを上げるとは信用を作る事であり、信用が出来上がる事により、カードローンと違い貸金業法の総量規制に該当しない、ショッピング枠で新しいクレジットカードが作れたり、お手持ちのクレジットカードの利用限度額を上げることが出来る可能性が上がるわけです。
新しいクレジットカードで即、現金化を行うことはおすすめしませんが、どおしても高額の現金が必要な際には利用できる手段があり、その為にはまず支払いはしっかり行っていくことを忘れないことです。

新しくクレジットカードを申し込む際の注意点


新しくクレジットカードを作る際には先にも記載したように申し込み審査があります。
すでに複数枚のクレジットカードをお持ちの方や現金での借入額が年収の3分の1以上の場合には新しくクレジットカードの審査を通る事は難しい状況であることは自覚しておくことが大事です。
そのような状況でも新たにクレジットカードを作ることに挑戦する際には以下の2点に注意することが必要です。

■クレジットカードのショッピング枠は付けないようにする、又は限りなく0に近い金額で申し込みを行う

キャッシング枠の借入限度額には各クレジットカード会社が申込者に合わせて決める限度額の他に貸金業法の総量規制で定められる年収の3分の1以上での貸し出しは出来ないため、それ以上や、限度に近い借入がある場合にはキャッシング枠が原因で審査に通らなくなることがあります。
ショッピング枠のみのクレジットカードが目当ての場合にはキャッシング枠は0円で申し込みを行うことか、キャッシング枠を付けなければならないクレジットカードの場合には、限りなく0円に近い金額で申し込みを行うことをおすすめします。
 

■審査が通りやすいカード会社に申し込みを行う

クレジットカードは発行会社によって審査に違いがあります。
一般的に銀行系クレジットカードは審査が厳しく、流通系や消費者金融系のクレジットカードは審査が優しいと言われております。
申し込みの際にはもちろん現金借入の履歴も確認されるため、借入額が多い状況では限りなく審査が優しいクレジットカード会社を選ぶことが大事であり、その申し込みは1回勝負だと思った方がよいでしょう。
まずは本人に返済能力があるかの現状のみで判断してくれるクレジットカード会社を探しだすことから始めて、何社にも申し込みを行うのではなく1社狙い撃ちで申し込みは行いましょう。

まとめ


現金借入が年収の3分の1以上の状況で新しいクレジットカードを作ることは簡単ではありません。
しかし、現金借入が出来る手段がクレジットカード現金化しかない状況で、他の借入方法がない場合には新しいクレジットカードの申し込みや、ショッピング枠の増額に挑戦してみる価値はあります!
しかし毎月の支払いが遅れている状況ではその挑戦も無駄な作業になってしまうため、借入額が多い中でもしっかりと返済を行っていくことが新たな一手を作れる最低限の条件であるため、基本ではありますが必ず支払いは遅れずに行っていく必要性が有ります。
しっかりとした支払い状況でクレジットヒストリーを積み重ねていけば、新たなクレジットカードを作ることも、枠の増額も可能なものになってくるはずです。