クレジットカード会社によって違いがあるクレジットカードのセキュリティとは

クレジットカードは発行されるクレジットカード会社によって審査基準が違うように、セキュリティ対策や使用可能な場所にも違いがあります。
ことセキュリティ対策に関しては近年、クレジットカードの不正利用等での被害が多発している影響でどのクレジットカード会社も厳しくなっている状況です。
カード発行会社での違いの他、カード所持者の利用状況によっても違いがあるセキュリティとはどのような物があるのでしょう?

クレジットカードのセキュリティとは


クレジットカードのセキュリティとは海外決済や利用者が普段利用していない高額での決済があった場合に決済承認が下りず、ロックがかかることです。
このロックが掛かるセキュリティは第三者が拾ったクレジットカードを使用したり、スキミングで偽造されたクレジットカードでの決済でないことを確かめるための安全対策であり、カード所持者自身が使用したことが証明できれば、すぐにロックは解除され、カードの利用ができるようになります。
三菱UFJニコスカードでは「不正使用検知システムにより第三者による不正使用の可能性があると判断された場合、お取引を一時的に保留させていただくことがございます」と言う一文がホームページに記載しており、保留され決済手続きはカード会社に登録されているメールアドレスに届く「保留取引ご確認メール」に返信を行わなければ解除されないようになっています。
このようにメールでの確認を行うカード会社は少数派であり、多くのクレジットカードはご自身でカード会社に電話をかける、またはカード会社からかかってきた本人確認の電話応対を行うことによって解除されることとなります。

事前承認によるセキュリティ解除


決済を行う前に事前にクレジットカード会社に電話を入れることでセキュリティによるロックがかかることなく、スムーズに買い物ができる事前承認を行うクレジットカードとして有名なのはアメリカンエキスプレスカードです。
アメリカンエキスプレスカードはカードの種類に関係なく利用する場所によっては事前承認を行うことが必要であり、通常は承認後、1週間程度の期間内で決済を行うことが可能になります。
もちろん普段からの利用状況によってこの事前承認を必要としない金額も変わってきますが、インターネットでの高額決済の場合にはこの事前承認を行っていない場合には高確率でロックがかかってしまいます。
セキュリティにより承認が下りなかった場合、カード会社に電話を行いセキュリティを解除してもらう必要がありますが、使用状況に厳しいアメリカンエキスプレスカードの場合には何を購入したか等の詳しい内容を伝えなければならないことも在ります。

セキュリティがかかる場所


安全のためのセキュリティはクレジットカードを発行するカード会社によってその金額や場所は変わってきます。
路面店での使用する場合でも過去に不正カードが多く利用された地域ではセキュリティロックはかかりやすくなります。
例えば30万円の買い物をした場合、銀座での利用ではロックがかからないが、新宿歌舞伎町での利用ではロックがかかることがあります。
このような地域ではクレジットカード加盟店(店舗)での手数料にも違いもあるなど、カード会社からすればリスクがある地域として認識しているようです。
また、海外の決済システムを利用しているインターネットサイトではカード利用者の利用状況によっては10万円ほどの決済でもセキュリティロックがかかることがあります。
大手ショッピングサイトのアマゾンンも決済システムが海外のため、購入商品によってはセキュリティロックがかかることは珍しいことではないようです。

セキュリティ解除を怠ると


クレジットカードのセキュリティロックがかかった場合にこのことを理解していないカード所持者は手持ちの別カードでその場の決済を行い、ロックを解除することを行わない方もいるようです。
利用者からの連絡がない場合にはカード会社側から連絡がかかってくることも在りますが、そのような解除手続きがない限りは安全のためのセキュリティのため、その後も解除を行うまでクレジットカードは使えない状況になっています。
また、セキュリティがかかっている状況で金額を変えた決済などを行うと、利用できる決済額を探っていると判断され、不正利用の疑いをかけられてしまうことも在ります。
そのため、利用限度額が間違いなくある状態で決済ができなかった場合には、必ずカード会社に電話をしてなぜ決済が出来なかったかの確認を行い、セキュリティがかかっている場合には解除作業をする必要性があります。

まとめ


クレジットカードを利用する際には、ご自身がお持ちのクレジットカードのセキュリティシステムや解除方法を把握しておくことが大切です。
また、クレジットカードのショッピング枠を利用して行うクレジットカード現金化で使用する場合には、より理解しておく必要があり、万が一セキュリティロックがかかった場合にも冷静に対処することが大切です。
あくまでカード利用者を守るために整備されたセキュリティですので、カード所持者が利用した場合には問題なく解除することができ、解除後にはご利用することが可能になっています。
焦ってしまい不審な対応を行ってしまうと不正利用などの疑いをかけられることなども考えられるため、ロックがかかった際には冷静に解除の手続きを行うことが大切です。