アメックスカード、ダイナースカードでのクレジットカード現金化について

クレジットカードの中でも申し込み審査や利用制限に厳しいカードとして有名なブランドとしてアメリカン・エキスプレスカードダイナース・クラブカードがあります。
これらのカードは加盟店で利用した際、加盟店への手数料も他のクレジットカードと比べると割高のため利用できない店も存在します、また海外などでは利用はできるものの、他のクレジットカードを所持している場合には他のカードでの決済を促されることなどもあります。
所持していること自体でステータスのあるクレジットカードではあるが、VISAやMasterカードと比べると使用できる範囲が狭いことが難点であるカードです。
このアメリカン・エキスプレスやダイナース・クラブカードを使用してクレジットカード現金化を行う場合の注意点や実際利用できるかについて検証してみました!

ダイナース・クラブカードでのクレジットカード現金化


日本で初めて発行されたクレジットカードといわれるダイナース・クラブカード!
ショッピング利用枠は「一律の制限なし」となっている他、付帯保険も十分すぎるほどしっかりとした保険が付いているステータスの高いクレジットカードです。
審査基準も厳しく所有者の多くは会社経営者や弁護士、医者などと限られた人しか所持することができないクレジットカードです。
そのような収入の安定した高額所得者がクレジットカード現金化を行おうとするかは疑問ではありますが、会社経営の一時的な資金調達手段としてあえてキャッシングではなく、クレジットヒストリーに現金借り入れの履歴が残らないクレジットカード現金化を選ぶ場合などもあると思います。
このダイナース・クラブカードを利用した現金化は出来るかどうかの結論は可能でありますが利用できる業者は多くはありません。
基本ダイナースが決済を行える加盟店は少ないためキャッシュバック方式でのクレジットカード現金化業者の場合、決済代行会社がダイナースに加盟していないことが多いためです。
ステータスの高いクレジットカードであるため加盟店の審査も厳しいことが原因だと推測されます。
キャッシュバック方式の業者の中でも利用することが可能な業者もあるかもしれませんが
(サイト管理者は探し当てたことはありません)
実際に存在していても手数料を他のクレジットカード使用時よりはるかに高い金額を差し引かれることとなるでしょう。
しかし、買取り方式での業者に関しては利用できる業者は存在します。
業者指定の商品自体が高額所得者が購入することに違和感のない商品を指定している、また購入先自体も高額商品販売の店舗が多いためダイナースカードを使用することが可能なわけです。
ではクレジットカード現金化を行う際のリスクは他のクレジットカードに比べて高いか否かの答えは「変わらない」と考えられます。
ダイナース・クラブカードは所持する段階での審査も厳しく、使用できる店舗も限られているため購入商品や利用金額に関してへの厳しい監視の目は少ないためです。

ショッピング利用枠は「一律の制限なし」と先に紹介しましたが、実際には利用状況に合わせた制限は設けられているためカード所持者の利用状況によって決済可能な金額は変わってきますが、支払いさえしっかり行っていればクレジットカード現金化を行ったことで利用停止なるリスクは大変低い確率でしょう。

そもそも審査を通った段階で利用者の信用度が高い評価であるクレジットカードがダイナースクラブカードであり発行会社からすればカード所持者は上顧客であるための処置だと考えられます。

アメリカン・エキスプレスカードでのクレジットカード現金化


アメリカン・エキスプレスカードはダイナース・クラブカード同様に、ステータスの高いクレジットカードと言うイメージを持たれている方が多いと思いますが、実際のところは近年ではアメックスからは多くの種類のカードが発行されているため、あながちステータスが高いクレジットカードとは呼べなくはなっています。
もちろん、他のクレジットカードと比べて申し込み審査は厳しいクレジットカードではありますが、一昔前までステータスの象徴としてあがめられたアメックスゴールドカードであっても25歳以上で勤続年数5年、年収400万円~500万円であれば作ることが可能といわれており、一般社会人に手が届かない範囲の審査基準ではありません。
もちろん一般的なアメリカン・エキスプレスカード(グリーンカード)はゴールドカードよりも審査基準は低いため多くの方が所持することができるクレジットカードとなっています。
一般の人が手の届かない種類としてプラチナやブラック(センチュリオン)カードも発行されてはいます。
これらのカードの審査基準はぐっと上がりブラック(センチュリオン)に関しては申し込みを受け付ける形ではなくアメックスが使用者の使用状況などを判断して発行するクレジットカードと言われています。
さて、本題であるアメリカン・エキスプレスカードでクレジットカード現金化は可能化の答えはダイナース同様可能ではあります。

しかしクレジットカード現金化できる業者はダイナースカード同様に多くはなく、理由も同様にキャッシュバック方式の業者では利用できる決済代行会社が少ないため利用が不可、また利用できるキャッシュバック方式業者があっても決済代行会社のリスクも考え差し引かれる金額は高くなってしまいます。
しかし、買い取り方式での業者はこちらもダイナースカード同様に問題なく利用できる業者がほとんどです。

ダイナースカードと違う点は決済承認の厳しさといえます!
アメリカン・エキスプレスカードはステータスの高いカードとして存在意義を出してはいるものの、数種類のカードをを発行しているため申し込み時の審査はさほど困難ではありません。
しかしステータスを保つ意味なのかは不明ではありますが、利用状況に関しては大変厳しいクレジットカードとなっており、支払いを遅れた場合などには利用枠を少なく制限されることや、決済できる場所を制限されるなどの処置をすぐに行われてしまいます。
カード所持者の利用状況やカードの種類にもよって変わりますが基本高額決済の際には事前承認も必要であり、クレジットカード現金化を行う場合にもその事前承認は必要となります!
もちろん「現金化を行いたい」などと伝える事前承認は通るわけもなく、不審に思われないような伝え方で事前承認を受けることが大事となります。
アメックスカードを所持している方でもこの事前承認をを知らない方が多いため、この事前承認を行わずクレジットカード現金化での決済承認が下りず、決済NG後にカード会社からの電話によって何を購入したかなどを細かく聞かれたうえ、色々な制限をかけられた方も少なくはないでしょう。
優良な現金化業者を利用した場合にはこの事前承認に関しても説明があり、アドバイスもいただけるため、問題なくアメックスカードも利用できます。
そのためアメリカン・エキスプレスカードを使用するクレジットカード現金化は、より安全に行うため信頼できる経営方針の優良業者で行うことが他のクレジットカードよりも重要となります。

アメックス提携カードでのクレジットカード現金化


国際ブランドであるアメリカン・エキスプレスは単体で発行されるアメリカン・エキスプレスカードとは別にセゾンやUFJニコスから発行されるセゾンアメックスカードやMUFGアメックスカードが存在します。
これらのカードの申し込みはセゾンやUFJニコスへの申し込みとなり審査基準も発行元の審査基準となります。
もちろん使用状況への判断も発行元となり、これらのカードの場合には利用時の事前承認が必要とされないため、アメリカン・エキスプレス単体のカードと比べると若干ではありますが厳しさは少ないようです。
もちろん支払い延滞への厳しさは変わりはありませんが・・・
これらのカードもクレジットブランドがアメックスであることに変わりがないため単体カードと同様に利用できる業者は限定されますが事前承認が必要でない分、若干の気楽さはあります。

まとめ


クレジットカード現金化を行う場合には使用するクレジットカードブランドによって注意点は変わってくるため、まずはご自身が所有するクレジットカードの特色を把握しておくことが大切です。
アメリカン・エキスプレスカードやダイナース・クラブカードは利用限度額が設定されていないと勘違いされている方も多くいますが、実際のところは利用状況に合わせた限度額が設けられておりアメリカン・エキスプレスカードに関しては利用する前に事前承認も必要なクレジットカードとなっています。
また、ステータスの高いクレジットカードな為、利用できる店舗も制限され利用時にも注意点が存在するため他のクレジットカードと比べることは決して良いことではありませんが、より信頼できる業者を選んで申し込むことをおすすめいたします。