クレジットカード現金化に厳しいクレジットカードとは?

クレジットカード現金化は全てのクレジットカード会社の利用規則では禁止されている行為です。
万が一、現金化が発覚した場合には利用金額や決済金の減額や最悪の場合には利用停止になる可能性もあります。
しかし、実際のところは現金化業者を利用した場合にはどのような理由で決済を行ったかなどはクレジットカード会社では判断できず、またクレジットカード会社自体も客商売であることには変わりがない為、現状では支払いさえしっかり行っていれば即利用停止などの処罰がくだることはないようです。
しかし、クレジットカード現金化と断定できないが、クレジットカード現金化の可能性が疑われる決済に対しては利用制限があるクレジットカード会社も存在しています。
それではクレジットカード現金化に厳しいクレジットカード会社とはどのようなカード会社でしょう。

クレジットカードの利用状況


クレジットカード会社の違いの前に、カード保持者の利用状況によっても制限がかけられていることがあります。
先にも紹介した内容ではありますがクレジットカードのショッピング枠はあくまで支払いの立替と言う形です。
いまでは金利が掛かる形のリボ払いなども存在しますが基本は一括支払いでありその際にはカード利用者には手数料は掛からない仕組みとなっており、信用での決済手続きを行っている形です。
そのためカード申し込み時には信用審査を行いカードを発行して良い相手か否かを判断しています。
支払いが遅れる行為はその信用を壊す行為であり、複数回連続での遅延や長い期間支払いが行なわれない場合には信用審査機関に情報が入り信用ブラックになってしまうこともあります。
連続での返済遅延でない場合、信用情報機関でのブラックにならない場合でも当然、クレジットカード発行会社内での利用・返済履歴にはデーターが残りひどい場合には利用限度額の制限や決済金額の制限、利用場所の制限などがかかる事があります。
また、過去に新幹線の回数券やJCBカードの商品券などを立て続けに購入した事がある場合には現金化行為の疑いをかけられてしまい返済遅延と同様の制限を掛けられることもあります。

現金化に厳しいカード会社


クレジットカード現金化に厳しいカード会社を紹介しますがあくまで一般的な情報であり、利用者の状況により違いもあることは認識いただきたいと思います。
先に記載しましたがクレジットカード会社がクレジットカード現金化専門業者を使い行った場合に判断することは利用者本人が伝えない限り困難です。
あくまで換金性の高い商品の購入や決済した場所のデーターによってクレジットカード現金化を行っているのではないかと疑いを抱く程度であり、即利用停止になることは100%ではないにしろ皆無と言って良いでしょう。
そのためクレジットカード現金化に厳しいクレジットカード会社とは利用停止を即時に行う会社ではなく、現金化を疑われる場所や商品の購入場所での決済が行えないクレジットカードと言うことです。
例えば、換金性の高いロレックスやオメガの腕時計を販売する店舗では利用できるクレジットカードは限られていることなどもそのためです。
そのような理由を元にクレジットカード現金化が厳しいカードを紹介すると、カードブランドとしてはJCBカードやアメックスカード、ダイナースクラブカードが挙げられます。
これらのカードは通常のご利用でも利用できない店舗がVISカード等と比べて少ないのはご存知でしょうか。
その理由に決済手数料が高いことが理由で店舗側が提携していないこともありますが、販売商品や場所によって決済できなことも理由の一つです。
インターネットショッピングでも海外決済での場合などは利用できないことが多くなっています。
クレジットカード現金化を行う業者の多くは決済代行会社を通して決済を行います、決済代行会社は海外決済であることが多いためこれらのカードの利用が出来ない店舗が多いようです。
また、発行会社として厳しいと言われるクレジットカードは銀行系カードと言われています。
審査自体が厳しいことでクレジットカード現金化にも厳しいと言われることもありますが、これらのカードも決済できない場所や商品が有る為だと考えられます。
しかし、紹介したクレジットカードがすべて利用できないわけではなくクレジットカード現金化業者によって使用できる店舗も存在します。

まとめ


クレジットカード現金化に厳しいクレジットカードとは疑わしい行為ですぐに利用停止などを行う会社と言うわけではなく、決済できる場所や商品に制限をかけている会社をさします。
しかし、厳しいクレジットカードと言われる会社は支払い状況にはとても厳しい為、数回の返済遅延などを起こした場合には遅延が理由で制限や利用停止などの罰則を実行されることは有る為、しっかりと返済を行うことが大切となります。
また、クレジットカード現金化に厳しいクレジットカードの多くは業者自体が決済代行会社を通じて決済作業を行うキャッシュバック方式の現金化業者に当てはまることが多く、買取り方式のクレジットカード現金化業者では厳しいとされるカード会社でも利用できる店舗は多く存在するようです。