クレジットヒストリーを貯める方法

クレジットカードを使用や支払い状況の履歴はカード会社および各クレジットカード会社が加盟する信用情報機関に記載され一定期間保管されています。
クレジットカードの利用制限を増額する場合、各カード会社とカード所持者間での取引履歴や個人信用情報での他社カード取引を元に増額の可否を決定します。
それではクレジットヒストリーを貯めるとはどのようなことなのでしょうか

クレジットヒストリーとは


クレジットヒストリーとは信用情報機構に保管されるカード所持者の今までクレジットを利用してきた履歴の事を指します。
定期的にカード決済を行い支払い延滞が無ければ良い履歴として積みあがっていき、逆に返済延滞などを起こすとマイナスの情報が記載されます。
クレジットヒストリーは信用情報機構で保管されるヒストリーとは別に契約しているクレジットカード会社が保管しているクレジットヒストリーもありこちらは信用情報機構でのヒストリーよりも利用状況が細かく保管されています。
信用情報機構に保管される情報はその内容により保管期間は決められており、例えば申込履歴は6か月と短い期間ではありますがその他の支払いや借入履歴等は5年と長い期間保管されることとなっています。
また、任意整理や自己破産の情報も5年間は保管されることなっており、これらの情報が記載されている状態が俗に信用ブラックと呼ばれています。
任意整理や自己破産だけでなく返済延滞を数回(3か月連続と言われています)
または61日以上延滞を行うとこちらも信用ブラックとして記載がされます。

信用ブラック


信用情報機構にブラック情報が記載された場合その期間はクレジットカードの限度額アップや新たなカードの申し込みでの審査に通る事は皆無であり、任意整理や自己破産の場合には手持ちのカードも強制解約されてしまいます(3か月連続の返済延滞でも強制解約される場合があります)
ブラック情報が解除されるまでの期間は

■61日以上の延滞 ⇒1年で解除
■3ヶ月連続の延滞 ⇒5年で解除 
■任意整理・特定調停・個人再生 ⇒5年で解除
■自己破産 ⇒5年で解除

となっており処罰としては長い期間となっています。
自己破産などの場合には解除された後もブラック期間の信用情報が白紙になる為、新たにカードを作ることも困難になってしまいます。

カード会社でのクレジットヒストリー


個人信用情報機構以外でも各クレジットカード会社ではカード会員の情報は保管されています。
この保管期間は明確に判明していませんが任意整理や自己破産を起こした場合は二度と同一会社でカードを作ることは出来ないと思っていたほうが良さそうです。
また61日以内や1・2か月の返済延滞もカード会社には履歴が残っているため、この少しの延滞が数回続くと利用限度額の引き下げや1回の決済金額が数万円までに引き下げられるなどのペナルティーを受けることもあります。
金額のみでなく場合によっては決済利用内容も制限がかけられる可能性もあり、代表的なものはインターネットの海外決済は出来ない等のペナルティーを受けることもあり、利用条件が限られてくる場合もあります。
ペナルティー期間は利用限度額の引き上げは勿論できません。
ペナルティーを解除するためには会社によって違いはありますが一定の期間遅れることなく支払いを続けて信用を取り戻す作業が必要となります。

クレジットヒストリーを貯める方法


ここまでクレジットヒストリーや信用ブラックの説明をさせていただきましたが、肝心のクレジットヒストリーを貯める方法とは個人信用情報機構・カード会社ともに定期的にカード決済で買い物などを行い支払日に遅れることなく返済をしていくことです。
クレジットヒストリーとはずばり信用です、もちろん利用金額が高額で支払いをしっかり行なっているカード会員は良い会員であるためカード会社もより多く利用してもらいたいため限度額をアップしてくれるのです。
もちろん利用者の年収なども影響されるためすぐに限度額が引き上げられるとは限りませんが、数か月から数年間正しい利用をしていれば限度額アップやクレジットカードのランクアップ(ゴールドカード等)、別カードでの審査にも好印象であり審査も通りやすくなります。
つまりこの当たり前の行いが「クレジットヒストリーを貯める方法」と言うことです。

まとめ


クレジットヒストリーを貯め、利用可能金額を増やすことや新たなクレジットカードを作ることが可能となります。
カードローンやキャッシングの現金借入の場合には貸金業法の総量規制によって借入限度額は年収の3分の1までと制限があるため、
総量規制外のクレジットカードのショッピング枠をもしもの場面に備えて利用枠を多く確保しておくことに損は有りません。

計画的な利用と支払いを行なうことにより、いざと言う時の現金を手にする方法として、クレジットカード現金化を利用できるショッピング枠を増額するためにも確実に支払いが出来る範囲で金額設定を決めしっかり返済を行なうことが大事です。