クレジットカード個人信用情報がブラックでも現金化は可能か?

クレジットカードの信用ブラックと言う言葉をご存知でしょうか?
クレジットカード関連の詳細を調べると必ず出てくる言葉の為ご存知の方も多いと思います。
カード所持者の個人信用情報は申込時の個人情報から購入、返済の利用記録まで全てのデーターが各クレジットカード会社が加盟する信用情報機構に保管されています!
保管されたデーターに返済延滞や自己破産、任意整理などの情報が残されていることを俗にブラックと言われている状態であり、ブラック情報が記載されている状態では新しくクレジットカードやカードローンを作ることは略皆無となっています。
このカードブラックの状況でも利用できるのがクレジットカード現金化とされ、大きなメリットとして多数の口コミサイトやブログなどで紹介されています。
では、実際にクレジットカード個人信用情報がブラック状態でクレジットカード現金化を行うことは可能なのでしょうか?

個人信用情報


現在日本にある信用情報機関はCIC(シー・アイ・シー)・JICC(日本信用情報機構)・KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3機構が存在します。
クレジットカード会社はキャッシング枠とショッピング枠の2つが有る為、多くの会社はCICとJICCの2機構に多くの会社が所属しています。
また銀行系クレジットカードはKSCにも所属しています。
それぞれの機構の情報は繋がっているため1機構にブラック情報が記載されている場合は全ての機構で確認することは可能な状態です。
もちろん、申し込み審査時に各クレジットカード発行会社がすべての機構での信用情報を確認するわけではないため自己破産後の喪明け(記録が消えた後)後、クレジットカード発行会社によって新たなカードを作れるまでの期間は変わってくる場合もあります。
しかし自己破産などでのブラック情報は5~10年たたなければ消えないため自己破産などを起こした場合最低でも5年間は新しくクレジットカードを作ることはできません。
返済延滞などのブラック情報に関しては本来なら1日でも遅れただけでも問題となり各クレジットカード会社内でのマイナス評価にはなりますが、信用情報機関に事故情報として登録されるのは2カ月以上の延滞がある場合といわれています。
(短期間の遅滞であっても繰り返しているような場合には遅延が登録される場合もあります)
返済延滞の情報も5年間は保管されるためこの情報がある間は新しいクレジットカードを作ることは困難とされいますが、自己破産などと違い、申込者の現状での状態が良い場合には審査を通してくれるカード会社も少しは存在するようです。

自己破産、任意整理でのブラック状態でもクレジットカード現金化は可能なのか


このような個人信用情報にブラック情報が記載されている場合には新しくクレジットカードやカードローンなどを申し込むことはできません。

しかし、現在お持ちのクレジットカードが利用できる状況ならば、新たに審査などを受ける必要性が無いためお手持ちのクレジットカードを使い、クレジット角現金化を利用することは可能ではあります。
勘所の良い方なら矛盾点に気が付いていることと思いますが、自己破産が理由でブラック情報が記載されている状況の場合、その対象者はクレジットカード自体が自己破産時に解約されているため、クレジットカード自体を持っていない事がほとんどです。
通常の場合、弁護士などを通じて自己破産する場合にすべての借入先を対象に破産申告を行うため手元には何も残らない形となります。
基本、自己破産を行った場合ではクレジットカード自体を所持していないため、現金化自体の可否は議論には上がりません。
任意整理の場合では使用していないクレジットカードなどは解約されない場合もあるようですが、手元に残したクレジットカードが使用できる期間もカードの更新時期までに限られるようです。
理由としてカード更新時には必ず信用情報をカード会社が確認するためその時点で解約されるようです。
任意整理でのブラック情報ではクレジットカードが解約されずに生き残っている場合はカード更新までの期間は信用情報を確認される機会も少ないため、現金化を行える可能性はあります。
しかし、このクレジットカード自体を所持していることが稀である為、多くの場合はクレジットカードを所持していることはなくクレジットカード現金化も勿論できない状態です。

返済延滞でのブラック状態でクレジットカード現金化は可能なのか


返済延滞が酷い場合に記載される延滞ブラックですが、この場合でも新しくクレジットカード等を作ることは出来ません。
しかし、クレジットカード自体を解約されているかどうかは各カード発行会社とカード所持者との取引状態によって違いがあります。
返済延滞を起こしたカードが返済解約させられなかった場合には金額が低い決済での使用はできる状態と考えられます。
しかし高額での決済や海外決済などでの利用は出来ない制限をかけられる事が多く、海外決済を使用する現金化業者では利用することは出来ない場合があります。
複数枚のクレジットカードを所持している場合には延滞自体を起こしたカードが解約されたとしても他のカードは所持しているため、他のカードを利用してクレジットカード現金化を行うことは可能です。
その場合には個人信用情報を確認されかねない行為を避けるため、必ず現在利用できる利用限度枠などを調べてセキュリテーロックなどが掛からない金額内で行う事が最善だと考えられます。
また、信用情報にブラック情報が記載されていない場合でも返済延滞を起こしたカードでは利用制限をかけられることは多々あり、利用停止になる場合も勿論あります。
よくクレジットカード現金化で利用停止になるとの情報を記載しているクレジットカード審判へのアフェリエイトサイトが存在しますが、
こちらは事実とは異なり、返済延滞が理由で利用停止になる事が大半で、延滞がちの利用状況の為、過去の利用履歴などを深く掘り下げられ決定的に現金化の証拠があるわけではないが疑わしい利用状況から利用制限や最悪、利用停止の処分が下されているようです。

まとめ


カードブラックでも利用できるクレジットカード現金化とのうたい文句は正解でもあり不正解でもある表現となります。
自己破産、任意整理でのブラックの場合に至っては現金化を行うクレジットカード自体を所持していない状況であり、返済延滞でのブラックの場合でも利用できる条件に当てはまる人はごく少数の為です。
しかし、その少数の方に向けてのメッセージでありうたい文句であれば全くあり得ない情報ではないため偽りではなくなるのです。
あくまで限られた人たちの中で現金を手にしたい方への有効な情報と受け止める必要性が有ると共に、万人に向けた優れた情報のように表現する口コミサイトやブログに対しては過大広告の疑いで確認する必要性があります。
また、広告をリンクされている業者に対しても一歩引いた感覚で詮索する必要性が生じます。