クレジットカード現金化のリスクに関して

クレジットカード現金化の現金化は何も気にせずに行える現金を手にする行為ではありません!
当然メリットがあるようにデメリットやリスクも伴います。
それではクレジットカード現金化を行う際のリスクとはどのようなものでしょう。
また、リスクを少なくする方法はあるのでしょうか?

現金化でカード利用停止になるのか?


クレジットカードのショッピング枠を使い現金化を行う行為は現在、法律上では違法と断定はされていませんが、カード発行会社での利用規約の中で現金化は認めていません。
通常、クレジットカードで買い物をした際、商品販売店に対しての支払いをクレジットカード会社が立て替えてお支払いしており、カード会社への返済が完了するまではカード会社に商品の所有権があります。
自己破産や民事再生など、クレジットカードを利用して商品を購入していた人が代金を支払うことができなくなってしまった場合、支払いが完了していない商品に関してはクレジットカード会社に返却する義務があります。
当然、所有権はカード会社にあるものの、利用することは可能であるため食事やリゾートでのカード決済も認められていますが、購入商品が形があるものである以上、所有権があるカード会社に返済が完了していない商品を転売する行為は認められません。
もちろんプレゼントを購入することも規約上は規約違反となり、プレゼント購入の際には事前にカード会社への連絡を行い、クレジットカード会社がカード所有者の利用条件に合わせて決済承認を行うか否かを判断する事となります。
その規約上では事前連絡なしにプレゼントをカードで購入する行為は現金化と同じくカード利用停止の対象となるわけです。
しかし実際のところカード会社がどのような商品を何のために購入したまでは把握できません。
その為、ご自身で利用内容を打ち明けたり新幹線の回数券など購入品が分かるものを特定の場所で購入しない限りは利用停止になることはありません
しかし、カード会社への支払いが遅れたりカード発行後すぐの高額買い物は決済が承認されないことは多々あり、場合によっては利用停止になる可能性もあります。
その為、現金化を行う場合はご自身のカード利用状況をしっかり把握しておく必要性があり
お支払いが遅れてしまったカードや、発行後すぐの高額利用は避けるようにしたほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化悪徳業者



クレジットカード現金化を業者を通じて行う場合、いわゆる悪徳業者を利用してしまうリスクがあります!

悪徳業者の定義とはカード決済したにもかかわらず現金が振り込まれない、事前説明なしに手数料など差し引かれる(還元率が低くなっている)、個人情報を別用途で利用される、営業電話が多数かかってくるなどです。
横柄な接客態度や申し込み前に振込み金額を教えてくれないなども悪徳業者に分類してもおかしくありません。
悪徳業者を見分ける方法としてインターネットで口コミ情報などを調べることをお勧めしますが、クレジットカード現金化口コミ情報には自作自演の広告や同業他社を事実無根の内容で批判したものなど信用度にかけるサイトも多々存在します。
インターネット口コミの見分け方として、お勧めしている店舗への情報が良い口コミしか記載されていない、振込金額に対しての評価が曖昧、同業店舗への評価が著しく汚い言葉で批判しているなどがありますが、まっとうなサイトとの見分けは難しいためそのサイトが一押ししている店舗に問い合わせを一度してみることが早い見分け方だと言えます。
その際、いくら決済をして還元率は何%で実際振り込まれる金額は幾らかを確認することが大切です。
振込金額を曖昧に答える業者やホームページ記載金額とかけ離れた金額を提示される業者は避けるべきで、そのような業者をお勧めしている口コミサイト内で同じくお勧めされている業者は同類と考えてよいでしょう。
振込金額を申込者のカード利用状況によって変わるため伝えれないやあくまで代行業者のため明確な金額は伝えられない等の理由を伝えられる場合もありますが
消費者金融でもない限りは申込者のカード利用状況など現金化には必要ない情報であり、自社が申し込みを受け付けているにもかかわらず明確な振込金額が不明な業者も
信用度にかけてしまいます。
一事が万事とのことわざがあるようにホームページ記載内容と実際の内容が少しでも異なる場合はその他のトラブルに巻き込まれる可能性があります。

支払いの義務


クレジットカード決済を行うと言うことは当然、決済金額の支払い義務があります。
個人でも業者利用でも決済金額100%の金額が振り込まれることはなく、実際手にする金額以上の決済が翌月から発生することとなります。
銀行や消費者金融から借り入れした際に発生する利息と同じように現金化では20%~30%の決済金額と手にする金額の差が生まれます。
その差を理解したうえで計画的に利用する必要性があり、支払い義務を怠ってしまうと当然クレジットカード利用停止などの処置が下されてしまいます。
どうしても現金が必要な時、消費者金融や銀行・知人から借り入れが出来ない人にとってはクレジットカードの現金化は必要悪ともいえる行為といえます。
しかし、無計画に利用してしまうと返済が出来ず最悪、自己破産などの法的処置を行わなければいけない場合も出てきます。
かならず利用利用目的と返済金額を明確にした上で行うことが必要です

まとめ


世の中の多くの事柄にはメリットがあるようにリスクも伴うことが多々あります。
株やFXにもリスクがあるように、銀行や消費者金融での借入にもリスクがあるように当然クレジットカード現金化にもリスクはあります!
他の事柄のリスクと違いグレーゾーンと判断される現金化にはより慎重かつ念入りに情報取集する必要性があり、リスクを理解したうえで利用することが大切なこととなります。