個人事業主の法人カードで現金化を行うメリット?

クレジットカードの法人カード(ビジネスカード)と聞くと法人化した経営者や社員に対して発行されるクレジットカードと思ってしまう方も中にはいると思いますが、個人事業主(自営業者)でも法人カードを作ることは可能です!
法人カードを作ることによって色々なメリットがある為、すでに個人で事業を行っている人達の中には個人でのクレジットカードでなく法人カードを利用している方も少なくないはずです。
それでは法人カードをクレジットカード現金化に使用した際、個人カードで現金化行う場合とは違いメリットなどは有るのでしょうか?
法人カードの特徴や、一般的なメリット、デメリットも含めて紹介いたします。

法人カードの一般的なメリットとデメリット

メリットとデメリット
個人事業主の方で仕事用の銀行口座を開設されていると法人(ビジネス)カードを作ることが可能です!
発行するクレジットカード会社によって違いはあるが、カードのお支払い口座を「個人名義」か「屋号付き」に選べるカードやキャッシングリボを利用出来るカード等も存在しています。

法人カードのメリットとして

■ 個人事業主でが利用する支払いと、仕事での支払いの区別をつけることができる
近年ではインターネット等で消耗品等を購入する機会も多いと思います、支払いの際に登録するクレジットカードを法人カードにすることで、こまごました備品の購入も仕事ようでの購入と明確に分けることができます。
■急な出費にも対応できる
法人カードのメリットとして多きな要因は通常一般的な個人でのベーシックカードより利用限度額が高く設定されている場合が多いので、急な出費の際にも対応することが可能です
■仕事で使ったお金の経緯を可視化することができる
カードの明細書を確認することで、いつ、どこで、どれくらい経費を使用したのかがわかり、確定申告の際も経費の証明に使えます。
■キャッシュフローをずらすことができる
法人カードで決済にすることで、現金支払いと違い、カード使用日から支払いまでに1~2ヵ月の猶予ができるため、キャッシュフローをずらすことが可能となります。

法人カードのデメリットとして

法人カードを利用するデメリットとして大きなデメリットはあまり見受けられません。
その為あえてデメリットを探すと
■申し込み審査に時間がかかる
個人事業主の場合、会社員とくらべて個人カードの場合は審査が厳しくなります、しかし法人カードの場合は個人の属性ではなく、事業の信頼性に重点が置かれるため、事業の状態によっては審査を通過できる可能性が高くなります。
審査の基準は設立年数と業績と言われており、その審査も個人事業主の場合には慎重に審査を行う為、時間がかかり、結果が出るまで一か月ほどかかる場合もあるようです。

現金化でのメリットは有るのか?


事業を行っているとどうしても現金が必要なことがあります。
社員やアルバイトへの給料を初め、仕入れ代金の支払い等、どうしてもキャッシュフローが追い付かない時、現金化を行う事で一時的に現金を補うことは可能となります。
もちろん、現金化業者に差し引かれる金額もある為、カード会社への支払いは手数料の掛からない一括支払いでおこなうことが望ましい方法ではあります。
本題である、法人カードを利用して現金化を行う場合のメリットとしては
■還元率が高い場合がある
クレジットカード現金化業者によっては個人のクレジットカードでの現金化よりも高い還元率を設定している業者が少しはあるようです。
しかし、ホームページ上にその様な記載があっても、あくまで客寄せのための過大広告の場合が多い為、まずは問合せを行い、個人でのクレジットカードでの還元率を確かめ、後に法人カードでの還元率を確認し、いくら振り込まれるかまで事前に調べることをおすすめします。

初めから法人カードでの還元率を確認すると、低い数字を言われ、個人だとさらに低くなると駆け引きをされる可能性が有る為、まずは個人での還元率を聞くことをおすすめします!

■高額での申し込みが可能
個人カードでも今までの利用内容によって、高額での申し込みも可能であるが、法人カードの場合は個人カードよりも利用枠内ではあるが高額利用できる可能性は高くなります!
仕事で使用する以上、ある程度の高額決済は不自然ではない為、セキュリティーに掛かる可能性も個人カードよりは低くなります。
■融資の履歴が付かない
間接的な事柄として、通常のキャッシングなどから現金借り入れを行った場合には、信用情報に借り入れの履歴がついてしまいますが、ショッピング枠利用の現金化の場合には信用情報に現金借入の履歴が残らないこともメリットとして上げられます。

まとめとして

法人カード
クレジットカード現金化は一般的な資金調達とは異なる、特殊な方法であるため、ここでメリットをお伝えしました内容は、あくまで現金化を行わなければならない状況下でのメリットとして受け止めていただければと思います。
現金化業者を案内する広告的サイトでは、金利が安いや、借り入れ情報が残らないことなどを理由に「法人カードでの現金化はおすすめ」などと紹介しているのを見かけますが、通常の借入が行える場合にはそれに越したことはないのが通常です!
個人事業主として厳しめの審査を通り、手にした法人カードは通常の業務で便利に利用できる大切なアイテムです!現金化業者が法人カードの利用を募集する理由は高額な申し込みが見込めるためであり、決して大きなメリットがあるわけではありません。
あくまで個人カードと比較した場合にはメリットがあると言う内容を理解したうえで、計画的な利用を行う事をおすすめします。