クレジットカード現金化とは?

おすすめ業者 参考サイト

クレジットカード現金化に関して実際に現金化業者を利用した経験での情報や、現金化に関しての法律面から見た見解、優良現金化業者の見極め方、口コミ・検証サイトの見極め方や信憑性、クレジットカード現金化のメリットやデメリットを現金化を検討している利用者の視点で不安や疑問に対して分かりやすく解説や紹介させていただきます!

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用する!

クレジットカード現金化とは
クレジットカード現金化を簡単に説明するとクレジットカードのショッピング枠を使用して現金を手にする方法です。
通常ショッピング枠は読んで字のごとく、買い物や食事での支払いをするために設けられています。
クレジットカード会社から融資としてお金を借りるいわゆるキャッシング枠ではなく、あくまで支払いを立て替えてもらうために設けられた利用枠を使用して現金を手にする方法です。
大きく分けて現金化の方法にはご自身でブランドバックや腕時計、商品券を購入して町の質屋やギフト券ショップに買い取ってもらう方法とクレジットカード現金化業者を通して現金を手にする二種類の方法があります。
ご自身で現金化を行う場合とクレジットカード現金化業者を通して現金を手にする方法それぞれに、メリットとデメリットがあり、それぞれの特徴を把握したうえで行うことが安全にクレジットカード現金化を行う大前提となります。

現金化は法律上では違法なのか?

クレジットカード現金化は法律上では違法なのか
大前提となるメリット・デメリットを紹介する前にクレジットカード現金化は世間での認識や、法律的にはどのような見解をされているかが重要だと思いますので先に説明させていただきます!
結論から述べると、法律的にはクレジットカード現金化は違法ではありません!
厳密に伝えると現金化を行う現金化業者にも利用者(個人での現金化を含む)にもクレジットカード現金化を行うこと自体を罰する法律はありません。
しかし、現在に至るまで処罰された者がいないかと言うと違い、数年前に現金化業者が逮捕された一例は存在します。
この業者はいわゆるキャッシュバック方式と呼ばれる方法でクレジットカード現金化を行う業者でした。
キャッシュバック方式とは、価値のない商品を利用者に購入させ、商品購入の特典としてお金をキャッシュバックとして現金を振り込む形であり、その方式自体も法律的に危うい方法であることに加え、利用者への還元率も大変低い率であるにも関わらず、過大広告による集客によって多くの利用者を騙すような営業スタイルをしているいわゆる、いわゆる悪徳業者と呼ばれて業者であり、逮捕の理由も現金化そのものではなく取引の方法やその異常な換金率が原因のようです。
もちろん、先に紹介したようにクレジットカード現金化行為自体を罰する法律はないため、その悪徳な取引方法から貸金業と判断されることにより出資法違反での逮捕となっています。
また、法律上は違法と言えないクレジットカード現金化ですが、カードを発行するクレジットカード会社は現金化での利用は使用規則で禁止されており、業界全体としても禁止の意思表明を出しています。
そのため現金化を行ったことがクレジットカード会社に発覚した場合は最悪使用停止になる場合もあります。
ここまでお伝えした背景があるため世間では違法ではないがグレーゾーンという認識が一般的となっているのです。

世間ではグレーゾーンと認識されている

クレジットカード現金化はグレーゾーンと認識されている
先に紹介したようにグレーゾーンと認識されるクレジットカード現金化ですが、現在このサイトを観覧していただいている方の多くはグレーゾーンと理解した上でも現金化を考えている方だと思います。
グレーゾーンと認識される方法と分かったうえで、お金を工面する方法がクレジットカード現金化以外の方法が無いため、背に腹には代えられない最後の手段として行う、必要悪だと考えているはずです。
しかし、理由はともあれ世間ではグレーゾーンと認識4されるクレジットカード現金化を行う以上、リスクを限りなく削除する、最善の方法を選択し行うことが大事です。
それでは最善の方法とはと考えるとズバリ!リスク及びデメリットを少なくしていくことだと思います。
クレジットカード現金化を行う人の環境や状況に合わせ方法は幾つかあると思いますが、その中で一番リスクやデメリットの少ない方法をを詮索した中で、現状考えられる最善策を選ぶことが何よりも重要であり、省略してはいけない事と言えます。
それではリスク・デメリットとはどのようなことが考えられるでしょう?

現金化のメリット・デメリット

メリットとデメリット
クレジットカード現金化を行う方法により、その方法別にそれどれ異なったデメリットと共にメリットも発生するため、まず初めにリスクとして考えられる事柄について考えてみると以下のようなリスクが考えられます!

●クレジット決済、または商品を購入したが現金を手にすることが出来ない
●考えていた(聞いていた)金額には程遠い金額しか手にすることが出来ない
●クレジットカード会社に現金化が発覚されてしまうことによるカード利用停止
●業者逮捕により利用者もトラブルに巻き込まれる
●家族には秘密で行うはずが、家族に発覚してしまう
●個人情報を悪用される
●クレジットカード現金化を行う必要がなくなっても、現金化業者から営業電話やダイレクトメールが頻繁に届く

上記がザックリとした言い回しになっていますが、リスクとして考えられる大枠となります。

あくまでこのような事になると断言しているのではなく、あくまで想像として考えられるリスクの一例です

ここまで長くなってしまいましたが、本文初めに紹介した個人での現金化と業者を通した現金化のメリット・デメリットをリスクをふまえて説明したいと思います。
まず、個人でのクレジットカード現金化の方法とはクレジットカードを使い換金性の高い商品を購入して転売する方法です。
メリットとしては業者への手数料が掛からない分、手元に入る現金が多くなる可能性があります。
また、転売の際に必ず身分証明書の提示は必要とされますが、認知度の高いチケットショップや質屋を転売先に選んだ場合、情報漏洩や悪用されるかもしれないと思う心配は最小限で済みます。
デメリットとしてはクレジットカード会社に現金化が発覚する恐れや疑いをかけられるリスクがクレジットカード現金化業者を通す場合より、数倍アップすることと実際に現金を手にするまで時間と労力が掛かることが挙げられます。
メリットとして『手元に入る現金が多くなる可能性』と挙げさせていただきました『可能性』と書いた理由は、現在では換金性の高い商品をクレジットカードで購入することが出来なくなってきているためです。
換金性の高い商品として思い浮かぶのがデパートの商品券や新幹線の回数券、高級腕時計などがあります。
すでにご存じの方も多いかと思いますが新幹線の回数券をクレジットカードで購入することは困難になり、デパートなどの商品券もクレジット会社が指定する経由で限られた金額、回数しか購入はできないのが現在の社会的状況です。
高級時計も安定して買取率の高いロレックスやオメガー等は多くの店でクレジットカードでの購入はできなくなっています。
(申込時の審査採点が高く、クレジットヒストリーをしっかり作れている一部の富裕層の方は問題なく購入可能)
そのため手元に入る現金を多くするためには現金化を行う時点で高額転売できる旬なバックや時計などを情報収集したうえで購入し転売する必要性があります。(少し前の知識で購入した商品が今では人気が薄れ買取価格が安くなるリスクがあるためです)
もちろん、旬な商品イコール手に入りづらい商品のため、日ごろからどの店舗でどのような商品が販売されているか、また定価で販売されているのか等の情報収集は必要となります。
そのためメリットとして挙げた一つではありますがリスクとして考えられる『考えていた金額には程遠い金額しか手にすることが出来ない』も含む諸刃の剣メリットではあります。
もう一つのメリットとして挙げた身分証明書取り扱いの信頼度は個人での現金化を考える場合の最大のメリットだと考えられます。
チケットショップや質屋に転売する場合、法律で身分証明書を提示する義務があります。
この身分証明書の提示はどの方法でも基本、必要となりますが、その街で古くから営業している店舗や大手チェーン店などの知名度の高い店舗に転売することによりその情報が悪用されるかもという不安はたいへん少なくなります。
デメリットとして挙げたクレジットカード会社に発覚する可能性ですが、やはり現金化を熟知していない方が個人で行った場合、不自然な買い物が目立ってしまうことや、カード会社からの連絡に不用意な返答をしてしまうことにより発覚・疑いをかけられてしまい、買い物ができる場所の制限や、一回の決済金額の制限などをかけられてしまうことが多いようです。
もう一つのデメリットとして挙げた時間と労力が掛かってしまう点は先にも説明した情報収集をする時間、ネットで購入の場合は手元に商品が届くまでの時間、実店舗での購入は出かけて購入する労力、また商品を買取り店舗に売り行く時間と労力などが掛かってしまいます。
前準備の情報収取は別と考えても丸一日は自由に動ける時間が必要となります。

専門業者で現金化を行うメリット・デメリット

クレジットカード現金化業者で現金化を行うメリット・デメリット
インターネットショップを中心に現在では多くの業者が混雑するクレジットカード現金化業者を一括りにしてメリット・デメリットを紹介するには補足説明が多々必要となります。
そのためここでは補足説明はひとまず横に置かしていただき、大前提でのメリット・デメリット、またクレジットカード現金化業者全般的に言えるリスクを説明させていただきます。
メリットとしては個人での現金化とは逆で専門業者ならではの経験とシステムでの現金化の為、クレジットカード会社に現金化が発覚される可能性が個人で行う場合と比べ断然低いことです。
また、申し込みから手元に現金が入るまでの時間と労力も個人での現金化と比べて少なく済みます。
あくまで優良店舗での現金化の場合ではありますが、事前に決済額に対して手に入る金額が分ることもメリットの一つと考えてもよいでしょう。
デメリットは現金化業者によって様々なパターンが有るため今回は割愛しますが、大きなリスクとして悪徳業者が存在することです
一般的にはグレーゾーンと認識される業種ではあるが、優良な業者も存在しており、そのような優良業者を利用すればリスクとして考えられた要因が消え、安心してクレジットカード現金化を行うことができます。
しかし業界全体を検証してみると優良業者はほんの一握りであり、一般社会では考えられないような営業方針で商いを行っている業者も多数存在しているのが現状です!
そのようないわゆる悪徳業者を通して現金化をしてしまった場合、本文中盤に紹介したリスクのすべてが当てはまってしまうことも考えられます。
現在では、クレジットカード決済を行ったが現金の振り込みを行わない等の悪徳業者はほぼ存在しない状況のようですが、100%悪徳業者までと言えなくても一般的な業種と同等の判断基準から検証すると通常では考えられない営業方針の業者が多々存在することは否めません。
そのため現金化業者を利用する際には大前提として優良業者を探し出し申し込みを行う必要性が生まれます

口コミサイトの信憑性

クレジットカード現金化口コミサイトの信憑性
現在インターネットで「クレジットカード現金化」と検索すると多くの口コミサイトや参考サイトやブログ等、多くのサイトを見ることが出来ます。
しかし、この口コミサイトや参考サイトのほとんどがクレジットカード現金化業者が運営するサイトとなっており、すべての情報を鵜呑みにすることはおすすめしません。
それでは何を参考にして業者を選べばよいのでしょう?
細かな確認点はここでは省略しますがズバリ!サイト記載内容に嘘がないかの確認です!
仕事をしている方ならおわかりかと思いますが、各企業が何を信念にして営業しているかは大事なことです。
営業をしていく上で嘘や過大広告、現実とは違う他社への誹謗中傷などをしている業者は信用できないのが社会の常識です!
仕事上の取引の中で経験したことがある方も多いと思いますが、1つ偽りを隠して取引に挑もうとする会社の偽りは1つでは終わりません。
過大な売り文句で取引にこぎ着け、いざ取引の際に後出しのようにマイナス条件や、クリアーできない条件を出してくるような会社は信用できないと同じ事がクレジットカード現金化業者にも言えます!
では、信用ができる業者か信用できない業者かの見分け方を1つ紹介します!
ずばりクレジットカード現金化業者に電話をしてみることです、その際その業者のサイトに書かれている還元率通り手元に入るかの確認をする!それだけです!
もちろん、純粋悪徳業者の場合は電話での返答自体も平気で嘘を伝える場合もあります。
しかし、そのような純粋悪徳業者はサイト自体に住所の記載がないや固定電話の明記がないなど、何時でも逃げれる準備をしているため長く運営はしておりません。
それと同じように、どのように見ても以前に別店舗名で営業をしていた店が名前を変えて営業しているのは不自然です。
数年運営している業者であれば全くの嘘を最終確認で伝えた場合、逮捕につながるため100%嘘の答えは控えます。
それではどのように質問をすればよいのかを少しだけ細かく紹介すると、実際に決済(利用するカード金額)する金額は幾らで、その金額に対して還元率が何%で、振り込まれる金額が幾らなのか!また後から手数料や消費税などの名目で差し引かれる金額は存在しないかの確認です。
クレジットカード現金化業者には様々な理由を付けて明確な返答しない業者が存在します。
「お客様の状況により率が変わる」や「実際申し込みをしないと、真剣に申込を検討している人か判断できない」との理由からのようですが、そもそも運営店舗サイトに還元率を表記しているにもかかわらず口頭での質問に明確な返答が出来ないことがおかしい話です。
また、明確な返答はしていただけるが運営サイトに明記している還元率と違う業者も存在しており、このような業者はサイトとの違いを指摘すると、どう考えてもクリアーできない条件の場合はサイト表記通りとの返答をするようです。
中にはサイト内の備考欄などに最大でなどの表記はあるものの、どのような基準が必要かすら、明記していないサイトが大半です。
先に述べた1つ偽りを冒してでも集客を行う業者の偽りは1つの偽りで終わる可能性は少なく信用できない業者と判断されるのは社会での常識です。
また、そのような偽りの業者をお勧めしているクレジットカード現金化口コミサイトなどは同じように偽りの情報を拡散することにより集客を行う、クレジットカード現金化口コミサイトと判断ができるため、その口コミサイト全体で高評価されている複数の業者は同グループと判断して信用が出来ない業者達と判断が出来ます。

還元率(換金率)と振り込まれる金額

クレジットカード現金化の還元率
クレジットカード現金化業者のホームページを見てみると必ず還元率が記載されています。
この還元率とは実際にクレジットカードを使用した金額(決済金額)に対して、申込者に振り込まれる金額のパーセンテージのことです。
例えばクレジットカードで10万円の決済を行った場合、還元率80%ならば8万円が手元に振り込まれるわけです。
しかし、このような当たり前の還元率を示す表記をしているクレジットカード現金化業者はごく僅かであり、実際には還元率以外で手数料や消費税などを振込金額から差し引くクレジットカード現金化業者が多くを占めています。
そのため、還元率=手元に振り込まれる金額と単純に考えると、思っていた金額が手元に入らないなどのトラブルにあってしまうこともあります!
一般的な考え方では、還元率=手元に振り込まれる金額として考えるのが通常であるため、クレジットカード現金化業者に申し込みを行う際には、実際に振り込まれる金額を確認する必要があり、決済金額に対していくら手元に振り込まれるかの計算を行い、実際の還元率を算出することが大事です。

当サイトがおすすめする業者

おすすめ
数あるクレジットカード現金化業者の中で当サイト管理者がおすすめする業者は現在のところ2業者しかありません。
本当は用途や状況に合わせて、もう少し多くのクレジットカード現金化業者をおすすめしたいのですが、サイト管理者個人のルールに沿った業者判断基準をクリアーしているのが、このビックギフトネオギフトの2業者しかないのが現状です。
個人のルールとして設けている第一条件はホームページに記載している内容(還元率)に偽りがないことです!
実にシンプルかつ一般社会では当たり前の事がクリアー出来ていないクレジットカード現金化業者がほとんどの中、ビックギフトネオギフトは当たり前の事を行っています。
もちろん、電話対応なども一般社会で通用する対応であり不快な思いなどはしないこともおすすめの一つです。
最近ではビックギフトやネオギフトへの悪い口コミサイトなどをよく目にするようになりましたが、実際にそれらの口コミサイトがおすすめするクレジットカード現金化業者を利用したところ記載内容と条件が違う業者だったため、それらの口コミサイトの信用度も疑ってしまいます。

ビックギフトやネオギフトへの悪評が記載される口コミサイトなどが多く目にする理由として、個人的な見解ではありますが、通常社会で当たり前の営業を行うクレジットカード現金化業者は、悪徳すれすれの営業を行っているクレジットカード現金化業者からすれば目障りな存在なのでしょう。
検索順によって情報操作を行える近年では、たとえ事実とは異なる批判記事や口コミを記載してもその信憑性を疑う人たちはほんの一握りのため、そのような方法で一般常識を守った業者を攻撃しているのだと考えられます

もちろん、今現在、クレジットカード現金化をお考えの方には必ず電話で業者の信用度を確認して申し込むことをおすすめしますが、ビックギフトとネオギフトと同レベルのクレジットカード現金化業者は今のところ当サイト管理者は見つけられていません。

まとめ

クレジットカード現金化まとめ
まとめとして当サイト管理者としてクレジットカード現金化を行う場合はしっかりとご自身の状況を把握したうえで計画的な利用をすることをおすすめします!
また、クレジットカード現金化業者を利用する際には一般企業と照らし合わせて選定をすることをおすすめします!
会社や店舗をを運営する際にはそれぞれの業種や規模に合わせた収益を出さなければ会社はつぶれてしまいます。
会社や店舗を運営していくうえで利益を出すことは決して悪ではなく、お客様に納得してもらう形でサービスを行い続けて存続することがお客様を大切にすることにも繋がります。
他の業種と比べてみると高い手数料などが掛かることも通常の企業でも業種によってはよくあることです。
しかし、会社として偽りを隠し利用者を欺く経営は特にサービス業においてはしてはいけない行為です。
クレジットカード現金化業者をサービス業と定義することに疑問を感じる人も存在すると思いますが、お客様を集客してサービスを提供する形である以上、サービス業であることにかわりはありません!
サービス業として販売提供商品の偽りは食品業者や飲食店、アパレル店舗、金融サービスでも不正が発覚した場合には社会的制裁が大きくのしかかります。
この当たり前の常識さえ実行できていない業者はもはや会社でも業者でもないただの現金化取り扱い集団です。
当サイトでは一般社会の中でも当たり前の事が行われているクレジットカード現金化業者やクレジットカード現金化口コミサイトのみ、実体験で確認・検証した上で紹介しております。